効果的なプレゼント・親切の条件

2018年8月15日
OIHDLI0-min-1280x1280.jpg

わたし達の社会は何かを受け取り、そのお返しに何かを贈るという交換をする事で、人間関係を築いていったり、維持しています。

 

贈るものは物だけではなく、親切や時間といった目に見えないものもありますよね。

 

何かを人に与えるという事は人間関係関係を良くするだけではなく、相手からの好意を獲得する事にも繋がるでしょう。

 

では、効果的な贈り物とはどんなものなんでしょうか?

 

贈り物の効果を高める3つの条件

 

与えられればお返しをするというのは人間の心理です。

 

あなたが同僚を助ければ、その人はあなたの仕事を請け負うというお返しをしてくれるかもしれません。

 

生徒に何か親切やプレゼントをすれば、先生の要求に素直に答えてくれるかもしれません。

 

与える事による影響力は凄まじいのです。

 

と言っても、何でもかんでも与えればいいというわけではありません。

 

以下の条件に合致している事が重要になってきます。

 

1.有意義なもの

 

与えるものは受け手にとって有意義である必要があります。

 

変なガラクタ渡されて、「仕事代わってくれない?」って言われても変わりませんよね。

 

逆に仕事の一部を肩代わりする事は相手の仕事が早く終わるという点で有意義でしょう。

 

どんな行為・物でも「これは相手にとって有意義なものかな?」と考えてみでください。

 

2.意外性のあるもの

 

与えるものは意外性がある程効果的。

 

例えば、飴玉をあげるとしたら(①)、最初に2つあげるよりも、まず1つだけ渡し、後からもう1つ渡す方が意外性があります。

 

この意外性が与えられたモノへの価値を高めてくれるのです。

 

3.特別に用意されたもの

 

最後に、最も強力な影響力を発揮する要素は、特別に用意されたものです。

 

与えるものが、相手の好きなものに合致していたり、その人の状況に合わせたものである程効果は高くなります。

 

例えば、プレゼントでケーキを渡したいのであれば、その人の好きなケーキで、なおかつ小腹の空いた午後3時くらいにケーキを渡せば、最高のプレゼントになるでしょう。

 

好きでもないケーキよりは好きなケーキの方がいいし、満腹の時にケーキを出されても喜びは小さいですよね。

 

ここである研究を紹介

 

ファストフード店に入ってきた客にある事をしました(②)。

 

  • 食べ物と関係のない物(キーホルダー)を渡す。
  • 食べ物と関係のあるもの(カップケーキ)を渡す。
  • 何も渡さないを渡さない

 

すると、こんな結果になりました。

 

  • キーホルダーをもらった人達は、何も渡されなかった人達よりも12%多くお金を使った。
  • カップケーキをもらった人達は何も渡されなかった人達よりも24%多くお金を使った

 

この研究から、プレゼントが効果的である事は分かっていただけたでしょう。

 

さらに、そのプレゼントが特別である必要性もわかりますね。

 

ファストフード店に入ってくるのは空腹の人達。彼らにとっての現時点での最高のプレゼントとは食べ物です。

 

そのため、プレゼントが食べ物だとより効果的に働いたんです。

 

まとめ

 

教育に活かすなら?

①子ども達にプレゼントをする時には、「有意義か?」「意外性があるか?」「特別か?」と考えてから選ぼう。

 

②初めから全て与えるのではなく、半分だけ与え、少し時間を空けてからもう半分を与えよう。

Ex「2時間のレクリエーションをします!」と言うのではなく、「1時間のレクリエーションの予定だったけど、普段勉強を頑張ってくれているから、2時間にします!!」と言った方が効果的。

 

③クラス全員に同じお菓子を渡すのではなく、特別感を出すために、1つ1つに名前を書いておく。

 

「贈り物で操るような事はしたくない!」って思う人もいるかと思います。

 

しかし、より良い人間関係を維持していくための工夫なら問題ないはずです。

 

このテクニックを自分の利益のためだけに使わなければいいだけの事。

 

大丈夫です。あなたはきっと誠実な素晴らしい人間なはずですから。

 

子ども達と良い関係を作るために今回の工夫をしてみて下さい。

 

 

って事で有意義で意外性で特別なプレゼントが効果的だよって話でしたー。

 

 

Twitterをフォローする

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

年間3600本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote