【結論】マインドフルネスは教育に使えるのか?

2019年10月8日

ちらほらと「マインドフルネスは教育に使えますか?」との質問を頂いておりましてね。

 

そろそろ答えないと申し訳ないので、「マインドフルネスと教育」ってテーマで一本記事書きます。

 

マインドフルネスとは?

 

マインドフルネスを知らない方もいらっしゃるでしょうから、簡単な説明を書いておきます。

 

 

 

マインドフルネスとは?今ここに目を向け、余計な事を考えず、ただ能動的に一つの行動に従事すること。

 

人によって多少定義は変わってきますけど、だいたいこんな感じ。

わかるようでわからない説明で申し訳ないです…

 

そもそも、なぜマインドフルネスが注目されているかと言いますと、

 

  • メンタルが強くなるとか頭が良くなるとか言われ始めたから!

 

僕達は脳が発達し過ぎたせいで、過去や未来の事に目を向けてしまうようになってしまいました。

 

そのせいで、不安・恐怖・後悔に悩まされる日々を送ることに。

どうしても考えすぎてしまう訳ですね。

 

 

その解決策として現れたのが今ここに目を向ける「マインドフルネス」って概念であります。

 

マインドフルネスの教育的効果はどれほどのものなのか?

 

頭の中の邪魔者がいなくなれば、当然最高のパフォーマンスが発揮できます。

子どもで言えば、学力が上がったり。

 

実際に、「マインドフルネスで子ども達をサポートしていこう!」って団体もあったりとか。

 

日本だと学校にマインドフルネスを取り入れているところはほとんどありませんが、海外(アメリカ・イギリス)では増えてきています。

 

教育界としても気になる存在。ただし、「本当に効果あるの?」というのが最大の疑問でしょう。

 

 

結論から言えば、「多少効果あり」です。

 

そこで見ていきたいのが、キャンベル共同計画から出た論文。

 

これは、学校ベースで行われたマインドフルネスの研究35個(総サンプル数6207人)をまとめたものでして、いわゆるメタ分析。

とりあえずの結論です。

 

そこで判明した事実を並べていきますと、

  • 認知能力が上がる(効果量0.25)
  • 学業成績が上がる(効果量0.27)
  • 問題行動の変化(効果量0.14)
  • 感情のコントロールが上手くなる(効果量0.22)
  • 生理的変化(データ不足で不明)

 

ものによりますけど、個人的な効果量の感覚として、

  • 0.2以下・・・小さいから後回し
  • 0.4以上・・・中程度の効果。やる意味はある。
  • 0.6以上・・・効果あるから是非やろう!

 

学業成績に関しては、効果が一番大きいものの、「統計的に有意ではない!」って結果でして(つまり、個人差が大きいって事)。

全体的に効果の見込めそうなものは、認知能力と感情のコントロールくらいでしょうか。

 

まとめ

教育に活かすなら?

①マインドフルネスの教育的効果は小〜中程度である。

 

②学業成績の改善は個人差が大きいため、期待はできない。

 

③しかし、認知能力(頭の良さ)と感情のコントロールには効果があるため、マインドフルネスに取り組ませてもいいかも。

 

 

まぁ、教育界だと効果量が0.2あれば採用されたりもしますからね。

成長マインドセットよりは効果がありそうなので、余裕があれば取り入れてもいいと思います。

 

 

一応、マインドフルネスの書籍を紹介しておきますので、興味のある方は読んでみてくださーい。

 

 

 

 

って事で、教育にマインドフルネスは多少使えるよ!って話でしたー。

 

 

Twitterをフォローする

 

 

 

 

この記事が役立ったらシェアして頂けると助かります↓

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

年間3600本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote

この記事が役立ったらシェアして頂けると助かります↓