イケメン息子が父親の魅力を高める理由

2020年5月31日
wiltshire-sunday-market-min.png

人間を含めて、生物の目標は遺伝子の保存である。ブランド品を買うのも、親が子どもに無性の愛を注ぐのも、突き詰めれば自分の遺伝子を後世に残す為の戦略と言えるだろうーー多くの場合、生物学的動機を自覚してはないのだが。

 

当然、優秀な遺伝子であるほど生存率は高まると考えられ、時にはシビアに交際相手を選ぶ。子どもの頃であれば、足の速さ、学生時代は顔、成人になれば経済力や優しさが決定打になるかもしれない。

 

意識しているにせよ、無意識なものにせよ、配偶者選びは人生において重要な決断である。故に、選考基準のいくつかは遺伝子に刻み込まれていると考えられている。

美男/美女はその一つだ。性格を重視している人であったとしても、整った顔に注意を向けてしまう。進化的研究によると、美形は健康のシグナルであると示唆されており(1)、自然選択の過程でそのような顔を好むように進化したのかもしれないーー健康的な配偶者選びはより良い遺伝子を残すのに欠かせない条件である。

 

興味深い事に、自分の顔以外の顔でも異性からの評価が高まるのだ。

 

イケメンな息子に感謝したい理由

 

顔が適応度のシグナルーーこの人となら健康な子どもができるだろうーーとして活用されていると考えるのが進化心理学の仮説なのだが、他にも証拠となるものがある。その人の子どもだ。

シグナルによる配偶者選びは推定の域を出ず、実際に能力が子どもに受け継がれるのかはわからない。最も確かな方法は、結果を確認する事ではないだろうか。

 

そこで、女性に男性の写真と息子の写真を提示し、魅力度が変化するかを調査した面白い研究があるので見てみよう(2)。

 

実験1

平均年齢28.3歳の女性126人に様々な顔の男性の写真と男の子の写真を見せ、親子ペアを作らせたところ、魅力的な男性とイケメンの息子をペアにする傾向が確認された

 

実験2

平均年齢20.02歳の女性260人に男性と男の子の写真を見せ、男性の魅力度を評価させたところ、イケメンの息子がいると評価が高くなった。しかし、元々ハンサムな男性はそこまで変化が確認されなかった。

俳優さんクラスの整った顔であれば、イケメン息子による魅力度アップ効果は見込めないかもしれないが、そうでなければ良い方向に働くようだ。

 

実験3

平均年齢20.48歳の女性46人に同様の実験を行なったが、ここでは背景の画像を操作した。魅力的な背景(Ex:綺麗なビーチ)や非魅力的背景(Ex:汚いビーチ)で男性の写真を提示したところ、ハンサムな男性は背景の魅力に影響されづらかったのに対し、そうでない男性は魅力的な背景から大きな恩恵を受けた。

 

研究者いわく、

父親のハンサムさはある程度子どもに受け継がれると示唆されている為、結局のところ、遺伝的影響によりハンサムな息子の恩恵を受けられない可能性がある。代わりに、オシャレな服を着るなど、魅力を高める他の手段に簡単に切り替えるのが有効だろう。

周辺情報によって魅力度が変わるのは心理学研究ではよくある話であり、今回もその一部が確認されていた。永続的に魅力的な背景を用意するのは不可能である事から、ファッションに力を入れた方が良さそうだ。

 

そんな中、新潟大学が「ただしイケメンに限る」は正しいのかについての研究を発表していたので、あわせて取り上げておく(3)。

オシャレな服を着たときても、果たしてイケメン/美女だから魅力的に感じるのか。それとも、服そのものが魅力的で、着る側の評価を高める効果があるのか。

その結果は、

 

  • イケメン/美女が着ると服の評価が上がる
  • ただし、その効果は男性ではごく僅かの差で、女性は顔に大きく影響された(つまり、「ただし、美女に限る」であった)。

 

実験はTシャツでのみ調査している為、華やかな服だと別の結果が出るかもしれず、文化によっても変わる可能性はあるが、少なくとも日本の男性は服に気を配っておいて損はないかもしれない。

まとめ

①イケメンな息子の父親はイケメンである、といったヒューリスティック(経験的推察)がある。

 

②息子がイケメンだと父親の評価も上がるーー優秀な子孫を残した証拠だと考えられる。

 

③イケメンは常に高い評価を受けるが、そうでない者はオシャレや景色でカバー。

 

息子の顔が母親に与える影響・可愛い娘の場合ならどうなのか、まだまだ調査の余地はある興味深い研究だーーKoki&Cocomiさんのメディア露出が、木村拓哉さんの魅力を高めたのか、工藤静香さんに働いたのか、それとも同程度だったのか。

 

当然、顔だけが選考基準ではなく、知性や経済力も要素の一つであり、その影響も知りたいところである(Ex:学力が親の魅力に与える影響力)。

(これは切り込み過ぎているかもしれないが、第一子の顔がその後の子作りに影響しているのかも個人的には気になる)

 

既婚者がモテても現代社会では大きな制裁を下されかねず、嬉しいが望ましいとは言えないだろう。

しかしながら、性的魅力は仕事の評価にも少なからず影響している為(4)(5)、息子がイケメンならば職場や友人に紹介してみるのが得策かもしれない。

 

この記事をシェアして頂けると筆者が喜びます↓

Leave a Reply

Your email address will not be published.

この記事をシェアして頂けると筆者が喜びます↓