なぜ可愛いものを潰したくなるのか?

2019年1月26日
ODR9LL0-min-1280x851.jpg
  • 「なんか可愛くてムギューって潰したーい!」
  • 「可愛すぎて無性に抱きしめたい!」

 

と思った事ありませんか?赤ちゃんとか可愛いマスコットキャラクターを見たときに感じるアレです。

その心理メカニズムを解明したよ!というおもしろ論文が昨年の12月に発表されておりましたのでメモ。

「可愛くて潰したくなる!」ってどんな心理なの?

実は可愛くて潰したくなる心理には「可愛い攻撃性」という名前がついております。

そこで、カリフォルニア大学が「可愛い攻撃性」が起こるときの脳の状態を調査したんですな。

18歳から40歳までの被験者54人に脳波計をつけてもらい、128枚の可愛い写真を見せました。

どんな写真かといいますと、

  • 可愛い赤ちゃん
  • あまり可愛くない赤ちゃん
  • 可愛い赤ちゃんの動物
  • 可愛くない大人の動物

 

写真を見た後に可愛さを1〜10で評価し、どんな事を思ったのかを記録してもらったそうな。

で、どんな事がわかったかといいますと、

  • 可愛い赤ちゃんの動物を見たときに「可愛い攻撃性」が引き起こされやすい!
  • 可愛い赤ちゃんを見たときには「可愛い攻撃性」が引き起こされにくい。
  • 可愛いものを見ると脳の報酬システムが活性化していた!

「可愛い攻撃性」と報酬システムには関連性があったんだ、と。うーん不思議。

ちなみに、報酬システムとはお金とかご褒美を見せられると活性化する脳の部分で、モチベーションを左右しているところです。

「可愛い攻撃性」の意味とは?

研究者いわく、

可愛い攻撃性には赤ちゃんや動物を世話することを促す働きがある。

あなたが可愛いものを見たとき、放心状態なれば赤ちゃんは飢えて餓死してしまうだろう。

つまり、「可愛くて潰したくなる心理」は、お世話のモチベーションになっているんだ、と。

おもしろいですねぇ〜。

まさに好きの反対は嫌いじゃなくて無関心!を支持するデータですな。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①子どもの可愛い瞬間を沢山写真に収めておこう。

 

②そして、育児が辛くなった時に見返してモチベーションを回復させよう!

 

③仕事・勉強の前に赤ちゃんや可愛い動物の写真を見てモチベーションを高めよう!

[/box03]

 

育児は辛い事も多いので、可愛さの力を借りて乗り越えていきたいところです。

 

って事で、可愛いはお世話のモチベーションって話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Katherine K. M. Stavropoulos and Laura A. Alba(2018).“It’s so Cute I Could Crush It!”: Understanding Neural Mechanisms of Cute Aggression

Background photo created by bedneyimages – www.freepik.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

月に300本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote


Newsletter