クリティカルシンキングを伸ばすと成績が19.3%高くなる!

2019年4月17日
90447-min-e1555074975975-1280x1060.jpg

フェイクニュースが溢れているもんですから、物事を批判的に見るクリティカルシンキングが重要だよねーって話がよくされます。

疑う事は物事の本質を見極める上で必要不可欠ですから、伸ばしておいて損はないんですな。

最近見た研究では、「クリティカルシンキングは比較的簡単に教えられるよ!」となっていて、ナイスでした。

ウガンダの子ども5753人にクリティカルシンキングを教えてみたよ!

これはノルウェー公衆衛生研究所の研究で、10歳から12歳の子ども1万人をランダムに2つのグループに分けたんですな。

  • 一学期にクリティカルシンキングを養う授業(1回80分)を9回受けてもらったグループ
  • クリティカルシンキングの授業を受けなかったグループ

 

一学期をかけて物事をそのまま受け取らず、一旦引いて考える癖をつけてもらったんだと。

9回の授業が終わったタイミングで、「正しい答えを以下の4つの中から選びなさい」みたいな多選択肢テストを受けてもらったところ、

  • クリティカルシンキングの授業を受けた子ども達は、平均して正答率が19.3%高かった!
  • 読解力に関係なく効果が確認された!
  • 読解力の高い子ほどテストのスコアは高くなった!

 

クリティカルシンキングって養うのが難しいイメージがありましたけど、一学期分の授業でも十分力がつくんですね。こりゃいいっすなー。

いったんクリティカルシンキングが身についてしまえば、安易に騙される事はなくなりますし、物事を探求するきっかけにもなりますからね。好奇心が爆破するってもんですよ。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①一学期分の授業でクリティカルシンキングを身につける事が出来る。

 

②クリティカルシンキングができると、フェイクニュースに騙されなくなるだけではなく、テストの点数も上がる。

 

③読解力に関係なく効果は確認されていたが、読解力のある子ほどクリティカルシンキングを学ぶ恩恵はデカイ。

[/box03]

 

なら、クリティカルシンキングってどう教えればいいの?みたいな疑問が湧くと思うんですけど、勉強するのにいい感じの本をいくつか紹介しておきますね。

授業作りの参考していただくのはもちろんのこと、自分のクリティカルシンキングを養うのに使うのもありです。

 

 

って事で、クリティカルシンキングは簡単に教えられるよ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Allen Nsangi,Daniel Semakula,Dr Andrew D Oxman,Astrid Austvoll-Dahlgren,Matt Oxman,Sarah Rosenbaum, Angela Morelli, Claire Glenton, Simon Lewin, Margaret Kaseje,Iain Chalmers, Prof Atle Fretheim,Yunpeng Ding,Prof Nelson K Sewankambo(2017).Effects of the Informed Health Choices primary school intervention on the ability of children in Uganda to assess the reliability of claims about treatment effects: a cluster-randomised controlled trial

Background vector created by rawpixel.com – www.freepik.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

月に300本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote


Newsletter