スケジュールアプリの決定版Sorted3を紹介してみる

2019年5月19日
50601C9B-2431-4F04-BD74-8516D244C79D.jpg

かねてより使い勝手のいいスケジュールアプリを探していまして、いろんなアプリを試しておりました。

 

で、最近僕の中でスケジュールアプリの決定版と言えるようなものを見つけたので紹介してみます。

 

タスクベースで1日の計画を立てられる『Sorted3』が最高

 

僕の場合、スケジュールをタスクベースで立ていまして、例えば、

 

  • 18時〜20時・・・ブログを2つ書く
  • 20〜21時・・・論文を3つ読む

 

みたいに、その時間で何をどのくらいやるのかを具体的に決めてスケジュールを立てているんですよ。

 

しかし、普通のスケジュールアプリだと、何時に何をやるのかしか表示させられないのが難点。

 

これだと漠然としていて行動に移しにくく、スタートが遅れがち。

しかも、その時間内に何をやるのか一発で確認できないのが不便でした。

 

そこで見つけたのがSorted3ってアプリ↓

Sorted³

無料
(2019.05.14時点)
posted with ポチレバ

Soted3のナイスなポイント3つ

1.スケジュール毎にタスクを作成できる

 

Soted3でスケジュールを立てるとこんな感じ↓(ある日の休日です)

各項目をタップすると、

 

具体的に何をすべきかが一目瞭然。

終わればタスクアプリのようにチェックしていけるので、進歩している感覚が味わえます。

 

2.現状Apple Watchで使えるスケジュールアプリとしては最強

 

いちいちスマホを見てスケジュールを確認するのが煩わしいので、私、時計はApple Watchをしております。

 

Apple Watchにもカレンダーアプリがあるんですが、スケジュールを表示するだけの最低機能しか搭載していないんですな。

言うまでもなく、タスクを消す事も出来ません。

 

が、Sorted3はApple Watch上からタスクを確認出来るだけではなく、タスクを消すことができるんですよ。

 

これがめちゃくちゃ便利。

いちいちiPhoneを開いてやる事を確認しなくても、手元ですぐさま見れるのがストレスフリー。

 

特に役立つのが筋トレの時で、次のメニューと重量・セット数を確認出来るのが楽。

 

Apple Watch上で表示したある日のメニュー↓

 

僕はメニューや負荷を細く変えるので、この機能が役立ちまくりなんですな。

 

3.スケジュールのズレを一瞬で修正可能

 

基本的にスケジュールを立ててもその通りに進むなんて事はほぼありません。

 

急な予定が入ったり、1時間で終わると思っていた事が2時間かかったり。

僕の場合だと、ブログが書き終わらなくてしょっちゅうスケジュールが狂います。

 

普通のアプリだとスケジュールを修正するのがめんどくさいのですが、Sorted3だとワンスクロールでスケジュールをズラせます。

 

例えば論文読みに時間がかかったとしたら、その後の予定を一括選択します。

 

そして、左のゲージを下にずらしていくと、その後の予定を一括で遅らせる事が出来るんですな。45分ズラしてみました↓

 

これがなかなか便利で、このアプリのおかげで計画倒れして落ち込む機会が減りました。

 

まとめ

 

一つだけネックなのが、このアプリ1800円するんですよね。

 

僕は効率オタクなのでこの系統のアプリにバンバンお金を出しますけど、アプリにここまで出せるのかと言うとちょっと躊躇してしまうかも…

 

ただ、このアプリ14日間の無料体験ができるので、試しに使ってみるのはありでしょう。

 

使ってみて「これはいい!」・「スケジュール革命だ!」って感じたら買えばいいですし。

 

僕はスケジュールを立てないと生産性が落ちるし、モチベーションが湧かないタイプなんで、このアプリがベストマッチでした。

 

 

良さげなスケジュールアプリを探している方は是非Sorted3を試してみてくださーい。

 

Sorted³

無料
(2019.05.14時点)
posted with ポチレバ

 

 

 

Twitterをフォローする

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

月に300本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote


Newsletter