【身長の科学】身長はどれだけ遺伝で決まる?父親と母親どっちから遺伝するの?

2019年5月25日

身長に関するこんな質問を頂きました。

 

 

うちの息子は10歳で身長が低いことで悩んでいます。

 

中学高校から伸びる子もいるので親としてはまだ心配していませんが、少しでも出来る事があれば息子に教えてあげたいと思います。

 

身長を伸ばす方法など、もしあれば、記事にしてほしいです。

 

 

身長はコンプレックスになりやすいですもんね…小学校だと「背の順」で整列したりしますから、特に気になりますな。

 

で、身長に関してなんですけど、研究は沢山あります。

 

おそらく同様の悩みを抱えた子は沢山いると思われますし、いい機会なので、「身長」に関する研究を当ブログで何回かに分けてまとめようかと。

 

という事で今回は、身長と遺伝のお話でも。

 

身長はどれだけ遺伝で決まる?

 

身体的特徴は遺伝で決まります。例えば、2014年にボストン小児病院から出た研究(①)によると、

 

  • 最低でも80%は遺伝で身長が決まる!

 

との事が判明しています。

まだ、発見されていない遺伝子があるため、確定事項ではありませんが、身長に関しては遺伝の影響がデカイです。

 

父親と母親どっちの影響を受けるの?

 

生物学的に言えば、子供とは父親と母親の遺伝子を半分づつ受け継いだ存在です。

 

遺伝子を半分づつ受け継いでいるという事は、普通に考えてその子は両親の身長を足して2で割った身長になると考えられますが、実は違います。

 

例えば、2012年にハーバード大学から出た研究(②)によれば、

 

  • 身長に関しては父親の影響がデカイ!

 

らしいんですな。どれくらいデカイかといいますと、母親による遺伝的影響よりも3.3倍ほど大きいです。

 

確かに、アメリカ人(父)+日本人(母)の子どもって大きいですもんねぇ。

 

芸人さんで言えば、マテンロウのアントニーさんがそうでしょうか。

 

まとめ

教育に活かすなら?

①身長は8割遺伝で決まる。

 

②最終的な身長は父親に近くなりやすい。

 

③父親の身長が高ければ、中高生で身長が一気に伸びる可能性が高い。

 

 

 

身長に関しては遺伝の影響が8割もあるので、とりあえずそこら辺の話をはじめにしておきました。

これを踏まえた上で、あと2割をどうするのか?ってのをこれから書いていきますね。

 

 

って事で、身長は8割遺伝で父親からの影響を受けやすい!って話でしたー。

 

 

Twitterをフォローする

 

 

 

 

この記事が役立ったらシェアして頂けると助かります↓

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

年間3600本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote

この記事が役立ったらシェアして頂けると助かります↓