会議中にやるといいアイデアが浮かぶようになる事とは?

2019年6月16日

最近読んだ論文では、「話し合い(会議)の時にある事をやるといいアイデアが浮かぶぞ!」って内容で楽しかったです。

何だと思います??結構意外な事ですよー。

会議中にやるべき事

では、答えです。会議の時にやるべき事はというと…

  • 空想

意外ですよね(笑)話し合うべき時に自分の世界に入ってボーっとするのがいいなんて。

ソースは2017年にジョージア工科大学から出た論文で、129人に日々のマインドワンドリング頻度を調べたんですな。

マインドワンダリングとは、「今ここにあらず」の状態の事で、ボーっとしたり、他ごとを考えている時の事。

そして、創造性を測るテストを受けてもらったところ、

  • 会議中に空想していた人ほどクリエイティブだった!
  • しかも、空想していた人ほど頭が良かった!

グラフにするとこんな感じ↓右肩上がりです。

常にマインドワンダリング状態だと、それはそれで支障があるかもですが…

マインドワンダリングテスト

おまけとして、あなのマインドワンダリングレベルを測るテストをご紹介しておきます。

1(全く当てはまらない)〜6(常に当てはまる)でお答えください。

1.単純作業に集中して取り組むのが難しい。

2.文字を読む際に、途中から理解できなくて読み返す事がある。

3.集中モードに入らなくても物事を完遂する事ができる。

4.会話中でさえも、隣の人の会話が耳に入ってくる。

5.講義やプレゼンテーションを見ている時、少しの間があるとすぐ他のところに注意が向く。

平均点が16.04だったので、17点以上の人は、アイデアマンの可能性が高いかも。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①つまらない会議や話し合いの時には空想に励もう。思わぬアイデアが浮かぶかも?!

 

②解決策が思いつかない時は、ながら作業がベスト。

 

③どうしても集中できない時間は、アイデア出しの時間にしよう。

[/box03]

私だと、13時〜16時は集中できないので、文献を読むのはやめてブログのネタ出しの時間にしてますね。

会議中に空想してたら怒られちゃうかもしれませんが、煮詰まったらボーッとするのも手でしょうな。

 

って事で、空想するといいアイデアが思いつくかも!って話でしたー。

 

 

[box01 title=”Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています”]https://twitter.com/edintblog[/box01][jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”200px” color=”#e5ad14″ url=”https://twitter.com/edintblog” target=”_self”]ちょっとだけのぞきに行く[/jin-button-flat]

Christine A.Godwin,Michael A.Hunter,Matthew A.Bezdek,GregoryLieberman,SethElkin-Frankston,Victoria L.Romero,Katie Witkiewitz,Vincent P.Clark and Eric H.Schumacher(2017).Functional connectivity within and between intrinsic brain networks correlates with trait mind wandering.

Business vector created by freepik – www.freepik.com

この記事が役立ったらシェアして頂けると助かります↓

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

年間3600本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote

この記事が役立ったらシェアして頂けると助かります↓