感情をコントロールしたければ環境を変えるしかない!

2019年6月22日
17-min-e1560936149397-1280x1074.jpg

[3col-box]
[3-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”どんな人向け?” style=”1″]

  • 感情のコントロールが苦手な人
  • 出来るだけイライラしたくない人

[/3-left]
[3-center bg_color=”#f7f7f7″ title=”解決される問題” style=”1″]

  • 感情のコントロールができない問題

[/3-center]
[3-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”読むとどうなる?” style=”1″]

  • 感情をコントロールできる
  • 周りの人を幸せにできる
  • 人間関係が円滑になる

[/3-right]
[/3col-box][3col-box]

友達が笑っていると自分も笑顔になる

こんな事ありませんか?これを心理学では、「感情の伝染効果」と呼びます。

喜怒哀楽は人に伝わるんですね。

明るい人の近くにいると幸せになれるし、ネガティブな事ばかり言う人の近くにいると、後ろ向きになってしまう。と言われています。

そこで、最近スタンフォード大学から出た論文では、「感情の伝染効果」を深掘りしてくれていました。

どんな感情が伝わりやすいのか?

感情が人に伝わるという事は、先生の感情が子どもに移る、とも言えます。

なので、「感情の伝染効果」を深く知っておく必要があるでしょう。

まず、研究者達は、107人に過去起きた政治的な不祥事に対する「怒り度合い」を調べました。

次に、「嫌悪感」・「安堵感」を示している人の顔写真を見てもらい、感情の変化を報告してもらったんですね。

写真に写った人の感情が実際に伝染したかを調べたんだ、と。

「感情の伝染効果」から考えて、怒っている人の写真を見たら怒りがふつふつと湧き起こりそうなものですが、ちょっと違いがありました。

  • 過去の不祥事事件にムカついていた人は、嫌悪感を示す写真からの影響を3倍も受けやすかった
  • 「怒りたくない!」と思っていた人は、安堵感を示す写真の影響を3倍受けた

なるほど。つまり、

  • 感情の伝染効果とは、もともと感じていた感情の増幅作用のことである!

って事でしょうか。例えば、

  • ちょっとだけイライラしている時に、誰かが怒っている光景を見ると、イライラが爆破
  • 気分がいい時に誰かの笑顔を見ると、最高に幸せになる

こういう事ですね。研究者いわく、

あなたの感情を整える最善の方法は、環境の選びから始めることだ。

さらに、

もし、怒りたくないのなら、怒っている人々を避けるのも一つの手だ。

SNSでは感情の伝染効果が大きい

さらにこの研究では、Twitterに投稿されたつぶやきを約1900万件分析したところ、

  • SNS上だと感情の増幅効果が大きい!

とい言う事が判明したらしい。誰かの怒りツイートを見ると、その人のツイートも過激になりやすいんだと。

炎上中の罵詈雑言がひどいのもうなずけるってもんですね…

SNSではポジティブなつぶやきが多い人をフォローするようにしておくのがよろしいかと思われます。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①感情は伝染する。厳密に言えば、眠いっていた思いが増幅される。これに抗う事は難しい。

 

②先生や親が不機嫌な態度をとると、子どもにも伝わり、その子までもがイライラしてしまう。相手の感情は自分の感情の写し鏡なのだ。

相手をポジティブな気分にしたければ、まず自分が幸せそうに振る舞うべし!

 

③怒りたくないのであれば、イライラしている人と距離を取る。

または、お笑い動画や笑っている時の写真を見たりしよう。

[/box03]

感情のコントロールが難しいのも、環境からの影響が大きいからでしょうね。

朝と集中力が切れてイライラしやすい昼には、幸せそうな人を見るように心がけたいですな。

当ブログ(効果のある教育のヒント)的には、猫の動画もおススメです。詳しくは下のリンクからどうぞ。

 

って事で、感情には増幅作用がある!って話でしたー。

 

 

[box01 title=”Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています”]https://twitter.com/edintblog[/box01][jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”200px” color=”#e5ad14″ url=”https://twitter.com/edintblog” target=”_self”]ちょっとだけのぞきに行く[/jin-button-flat]

Goldenberg, Amit,Garcia, David,Halperin, Eran,Zaki, Jamil,Kong, Danyang,Golarai, Golijeh and Gross, James J.(2019).Beyond emotional similarity: The role of situation-specific motives.

Design vector created by freepik – www.freepik.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

月に300本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote


Newsletter