大好きなゲーム・動画を見ても逆に疲労がたまる理由とは?

2019年6月21日
552991-PK36YZ-542-min-1280x854.jpg

[3col-box]
[3-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”どんな人向け?” style=”1″]

  • ゲーム好きな人
  • 娯楽が大好きな人
  • 疲れがなかなか取れない人

[/3-left]
[3-center bg_color=”#f7f7f7″ title=”解決される問題” style=”1″]

  • 楽しいことをしているのにストレスや疲労から回復できない問題

[/3-center]
[3-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”読むとどうなる?” style=”1″]

  • ゲームをしても疲れが取れる
  • ストレスから解放される

[/3-right]
[/3col-box][3col-box]

1日働けば心身ともにヘトヘトになりますよね。帰宅後リラックスがてらお酒を飲みながらテレビやYouTubeを見るって方も多いのでは?

実はそれ、疲れがとれない休憩方法なんですよ。

帰宅後の「娯楽」は逆に疲れを溜める?!

「そんなバカな!」と思うような事を発見したのはマインツ大学。

471人に、

  • 仕事や学校が終わって帰宅した時の気分
  • 帰宅後にどれだけメディアに触れたか?
  • 日頃、休憩時間にメディアに触れるか?

などを調べたんですね。テレビやゲームは仕事のストレスを解消してくれているのか、と。

そしたらこんな傾向にあったらしくて、

  • 確実にテレビやゲームのせいでやるべき事が先延ばしされていると感じていた
  • 「ゲームをしたい」と思う事自体が罪悪感をかき立てていた
  • そのせいで、休憩時間にメディアに触れた人は心身のリラックス効果が見られなかった

 

ゲームが好きな人はゲームをするとストレスの解消になっていたものの、同時に沸き起こる罪悪感のせいで、デメリットが上回ってしまっていたんですよ。

「娯楽」でストレスを解消するには?

  • 自分の自制心が足りないから

と思いながらゲームやテレビ・YouTube等に触れると、逆に疲れてしまいます。

この問題を回避するには、

  • 事前に娯楽に興じる時間を決めておく!

仕事や勉強のスケジュールを立てる方は多いかと思われますが、娯楽の時間もスケジュールに入れましょう。

そうすれば、罪悪感も湧きづらいですし、仕事や勉強中にゲームをやりたくなっても、「何時にゲームをする時間があるから今は目の前の事に集中しよう」と自制心を発揮しやすくもなります。

ポイントはあらかじめに決めておく事です。大抵、自己嫌悪に陥るケースは、自分の思い描いてる理想と現実のギャップが大きいのが原因。例えば、

帰宅後、来週までの課題に手をつけた方がいいのにもかかわらず、スマホゲームをして時間がなくなった

これは理想(課題を進める)と現実(スマホゲーム)のギャップが大きいですよね。これだとせっかくの大好きなゲームしたのに疲れてしまいます。

娯楽スケジュールのダメな例

  • 家に帰ったらゲームをする
  • 疲れたから少しだけYouTubeを見る

娯楽スケジュールの良い例

  • 21時〜23時はゲームの時間
  • 毎週水曜日の午後は好きな事をする時間

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①休憩時間にゲームや動画を見ると逆に疲れてしまう可能性がある。

 

②原因は「罪悪感」。

 

③この問題を回避するには、娯楽の時間をあらかじめスケジュールに入れておき、思う存分楽しめる時間を確保しておく事。

[/box03]

ゲームに関してはこんな話もしたことがありますので、興味のある方はどうそ。

 

休憩時間に見ると疲労が回復する動画はこちら↓

 

って事で、娯楽の時間こそスケジュールをたてよう!って話でしたー。

 

 

[box01 title=”Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています”]https://twitter.com/edintblog[/box01][jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”200px” color=”#e5ad14″ url=”https://twitter.com/edintblog” target=”_self”]ちょっとだけのぞきに行く[/jin-button-flat]

Summer photo created by freepik – www.freepik.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

月に300本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote


Newsletter