妊娠中にコーヒーを控えると産まれてくる子の頭が良くなる

2019年6月28日
12140-min-1280x854.jpg

[3col-box]
[3-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”どんな人向け?” style=”1″]

  • 妊婦さん
  • 子どもを作ろうと考えている人

[/3-left]
[3-center bg_color=”#f7f7f7″ title=”解決される問題” style=”1″]

  • 頭のいい子にしたい問題

[/3-center]
[3-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”読むとどうなる?” style=”1″]

  • 生まれてくるこのIQが高くなる

[/3-right]
[/3col-box][3col-box]

「妊娠中はお酒は一滴も飲まない方がいいよ!」ってのが当ブログ(効果のある教育のヒント)の立場です。

妊婦のアルコール適量を調べたところ、ゼロだったらしいので。

で、最近読んだ論文では、「カフェインも控えた方がよくない?」という内容でした。

妊娠中にコーヒーは控えた方がいい?

これはノーザン・ケンタッキー大学の研究で、過去の研究をレビューしたもの。

カフェイン飲料・エネルギードリンク等が子どもにとってどれほど危険なのかは未だ不明です。

実はよくわかっていないんですね…そんな中、過去の研究結果をまとめると、

  • 妊娠中にカフェインを摂りすぎると産まれてくる子どものIQが低くなる

脳の発達段階の途中でカフェインを摂るとのはよろしくないみたい。

具体的には、1日に200mg以上のカフェインを摂るとアウトでした。

これだと大体コーヒー4杯分くらいですね。妊娠中はお酒とコーヒー・紅茶は控えておいた方がいいかも。

研究者いわく、

成人期までの脳はカフェインに敏感である。

カフェインもアルコールと同じように20歳までは極力摂らないようにした方がいいのかもですねぇ。

私なんか高校時代、テスト前は翼を授けてくれるドリンクを沢山買ってお供にしていたんですけど…やらかしたかも(笑)

学生の皆さんは毎日コツコツ勉強して焦らないように!

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①妊娠中は極力カフェインを摂取しない方がいい。

 

②摂取するにしても、コーヒー4杯までが目安。

 

③学生時代にエナジードリンクを飲みすぎると、脳の発達が損なわれるかも?!

[/box03]

当ブログ(効果のある教育のヒント)は、妊娠中に気をつけるべき事もいくつか書いていますので、そちらもあわせて目を通していただけると幸いです。

 

って事で、妊娠中にコーヒーは控えようね!って話でしたー。

 

[box01 title=”Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています”]https://twitter.com/edintblog[/box01][jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”200px” color=”#e5ad14″ url=”https://twitter.com/edintblog” target=”_self”]ちょっとだけのぞきに行く[/jin-button-flat]

Business photo created by jcomp – www.freepik.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

月に300本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote


Newsletter