待ち時間のイライラが無くなる魔法の動画とは?

2019年6月26日
2394616-min-1280x854.jpg

[3col-box]
[3-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”どんな人向け?” style=”1″]

  • 待ち時間が嫌いな人
  • 緊張しやすい人
  • 不安症を改善したい人

[/3-left]
[3-center bg_color=”#f7f7f7″ title=”解決される問題” style=”1″]

  • 待ち時間の苦痛

[/3-center]
[3-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”読むとどうなる?” style=”1″]

  • 待ち時間でメンタルを整えられる

[/3-right]
[/3col-box][3col-box]

いきなりですが、あなたは待ち時間に苦痛を感じる人ですか?

私なんかは待つのがとにかく嫌いなので、夢の国とか行列のできるお店は極力避けるようにしてます(笑)

「いきなりなんの話だよ!」と思うでしょうが、最近読んだ論文が「待ち時間の苦痛を減らしてくれる方法」って内容だったのでこんな前書きを書いた次第です。

では本編をはじめまーす。

待ち時間の苦痛を減らしてくれる「感情」とは?

今回ご紹介したいのは、カリフォルニア大学から新しく出た研究で、729人に知能テストを受けてもらい、結果が出るまで待ってもらいました。

その時、参加者を3つのグループに分けたそうで、

  • 「畏敬の念」を呼び起こさせるビデオを見せたグループ
  • ポジティブな感情になるビデオ(可愛い動物の映像)を見せたグループを見せたグループ
  • 南京錠の作り方のビデオを見せたグループ(コントロール群)

 

見るビデオで、待ち時間のイライラ度が変わるのか?と。興味深いですねー。

という事で、結果です。

  • 「畏敬の念」を抱くビデオを見た人達は、待ち時間の不安度が低かったし、イライラもしなかった!

畏敬の念ってのは、自分よりも大きな存在を目にした時に感じる感情の事で、

「樹齢1000年の木を見た時」とか「羽生くんが3大会連続金メダルとった瞬間」に鳥肌が立つ感じが畏敬の念です。

研究者いわく、

われわれの調査によれば、畏敬の念を起こさせるような短いビデオを見ると、待ち時間が短く感じ、ストレスは打ち消され、ポジティブな感情を高めることができる事が判明した。

こりゃ、デートの待ち時間にピッタリですね(笑)

畏敬の念って万能じゃない?

研究結果を見た感じ、「畏敬の念」で不安やストレスが低下するっぽいんですよね。

なので、待ち時間の暇つぶしだけではなく、

  • 本番前に気持ちを整える瞬間
  • 試験前
  • 落ち込んだ時

とかに「畏敬の念」を感じる動画を見ると、メンタルが整えられそうです。

旅行に行って感動する景色を見た時は、動画を撮るといいかもですねー。もちろん写真でも構いませんが、個人的には動いていた方が「畏敬の念」を感じやすいもので…

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①学芸会・運動会・入試前には、子ども達に「畏敬の念」を感じさせる動画を見せよう。

きっと本番でいいパフォーマンスを発揮できる。

 

②携帯に「畏敬の念」を感じる動画を保存しておき、待ち時間になったら見てみよう!

きっとイライラしなくなるよ。

 

③「畏敬の念」フォルダを作成して貯めておくと、いつでもすぐにメンタルを整えられるぞ!

[/box03]

説明されてもピンとこない人の為に、いくつか画をのっけておきますので、参考までにどうぞ。

ポイントは、「自分ってちっぽけな存在なんだなぁ」と思えればいいので、極論、1日で1億円稼ぐ人を見るとかでもOKです(笑)

 

って事で、畏敬の念はメンタルを整えてくれる万能な感情だ!って話でしたー。

 

 

[box01 title=”Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています”]https://twitter.com/edintblog[/box01][jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”200px” color=”#e5ad14″ url=”https://twitter.com/edintblog” target=”_self”]ちょっとだけのぞきに行く[/jin-button-flat]

Woman photo created by freepik – www.freepik.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

月に300本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote


Newsletter