LGBTをカミングアウトされた両親は受け入れるのにどれくらいかかるのか?

2019年6月28日
43104-min-1280x931.jpg

[3col-box]
[3-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”どんな人向け?” style=”1″]

  • LGBTに関心のある人

[/3-left]
[3-center bg_color=”#f7f7f7″ title=”解決される問題” style=”1″]

  • カミングアウトして受け入れてもらえるのか問題

[/3-center]
[3-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”読むとどうなる?” style=”1″]

  • カミングアウトする方もされる方も正しい向き合い方が分かる

[/3-right]
[/3col-box][3col-box]

今や心と身体の性別が一致していない人の割合は8.9%。これは、左利きと同じ割合です。

参考:電通が発表! 日本のLGBTの割合は「左利き」とほぼ同じ

そこで、大きな障害となるのが、「両親へのカミングアウト」でしょう。一番の理解者に伝える事は勇気がいります。

では、カミングアウトされた側はどんな反応をするのでしょうか?

カミングアウトされた両親はどんな反応を示すのか?

2019年にジョージワシントン大学から発表された研究を見てみましょう。

この研究では、LGBTのいずれかに当てはまる1195の両親にアンケートを実施し、カミングアウトされた時の反応を調査したそうな。

それらをまとめて全体的な傾向を見てみると、

  • 性別の不一致に慣れるまで平均で2年はかかる!

いくらLGBTに理解のある人でも、すぐに受け入れる事ができないみたい。

こればっかりは、カミングアウトする側もされる側も長い目で見ておく必要がありますね。

さらに、

  • アフリカ系アメリカ人とラテンアメリカ人の両親は、白人の両親と比べて受け入れるのに時間がかかっていた!

つまり、マイノリティー(少数派)がLGBTだと受け入れるに時間がかかるって事です。

他には、

  • 両親の年齢が上がるほど、受け入れるのに時間がかかる
  • 男の子でも女の子でも、カミングアウトされた時の反応は変わらない

やはり、年齢が上がるほど固定観念が強まり、新しい事に対応するのが難しいみたい…

両親へのカミングアウトは早めにしておくのが吉。

踏ん切りがつくのに時間がかかると思いますが、早期から「LGBT」という性別の存在。そして、それに対して理解がある事を伝えていきたいですね。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①カミングアウトされた側は受け入れるのに2年かかる。

 

②する方もされる方も、長い目で理解しあっていく態度で臨もう。

 

③LGBTという性別を早期から子どもに教えていく必要がある。そうすれは、長々と悩まなくてよくなる。

[/box03]

2年はかかるものの、最終的には受け入れられるようになるそうなので、不安に思う必要はありません。

今ではYouTubeに良質な教材が沢山アップロードされてますので、一度子どもと一緒に見てみてはどうでしょうか。

 

 

って事で、性別の不一致を理解するのに2年はかかるよ!って話でしたー。

 

 

[box01 title=”Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています”]https://twitter.com/edintblog[/box01][jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”200px” color=”#e5ad14″ url=”https://twitter.com/edintblog” target=”_self”]ちょっとだけのぞきに行く[/jin-button-flat]

People vector created by rawpixel.com – www.freepik.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


当ブログの運営者:エイジ

月に300本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote


Newsletter