タグ: 仕事

2884-min-1280x720.jpg

2019年9月1日

ビジネスシーンでは「ストーリテリングを身につけようぜ!」といったアドバイスを耳にする事があるんですよ。

 

ストーリーテリングとは、伝えたい情報や思いと関連する体験談や物語を引用しながら印象づけていく説得テクニックのこと。

 

例えば、「努力すれば夢は叶う」というメッセージを子どもに伝えたければ、

  • イチローは学生時代から毎日素振りを欠かさなかった
  • 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて〇〇大学に現役合格した話

をあわせてすると説得力が増して、行動してもらいやすくなるんですな。

 

ストーリーテリングは強力なテクニックとして有名なんですが、最近弱点が判明したとかなんだとか。

 

正しいストーリーテリングの使い方

 

ネタ元はノースウェスタン大学の研究で、「ストーリーテリングって万能なの?」って疑問に挑んでおります。

よく考えるとデメリットの話はあまり聞かないですね。

 

あるとすれば話術の問題くらいでしょうか。

では見ていきましょう。

 

研究者らは397人に架空の携帯ブランドに関するプレゼンを見てもらい、信頼性を評価してもらいました。

この時、彼らを2つにグループに分けていて、

  • 事実の羅列だけを見たグループ
  • 事実と物語のセットを見たグループ(ストーリーテリング)

 

で、情報の質も高いものと低いものを混ぜたらしい。

普通に考えてストーリーテリングのグループは、情報の質に関係なく評価が高くなると考えられますよね。

 

実際のところはどうだったのでしょうか。

結果は以下の通り。

 

  • ストーリーテリングが効果的なのは情報が弱い時のみ!
  • 強い情報にストーリーテリングを付け加えると、むしろ説得力が下がる!

 

例えば、

  1. このケータイは9メートルの高さから落としても壊れません(強)
  2. このケータイは1メートルの高さから落としても壊れません(弱)

 

だと、②の時にはストーリーテリングで携帯の評価が上がったものの、①の時にはむしろ評価が下がったらしいんですよ。

つまり、ストーリーテリングの本当の効果とは、

 

インパクトの弱い情報に説得力を持たせること!

 

と言えます。この研究では似たような実験をインフルエンザのワクチンのパターンで試したところ同様の結果が得られたそうな。

  • 説得力のある情報を羅列してインフルエンザワクチンの効果を伝えると、34%が行動に移した
  • これにストーリーを加えると18%に低下した

 

これだけで言えば、インパクトのある情報にストーリーを加えてしまうと説得力が約2分の1に低下してしまうことになりますね。

 

信憑性のないフェイクニュースが広まるのも、おそらくストーリーテリングのせいでしょう。

 

冷静に考えればありえない質の低い情報なのに、そこにストーリーが付け加えられてしまうことで、あたかも事実のように錯覚してしまうんですね。

 

まとめ

 

教育に活かすなら?

①インパクトの弱い情報を伝えるときにのみストーリーテリングは効果を発揮する。

 

②インパクトの強い(または質の高い)情報があれば、ただ事実を羅列していけばいい。

 

③口下手な人は質の高い情報を活用して説得していこう!

 

ビジネスシーンで言えば、

  • 実績のある物をアピールするならこれまでのデータで
  • 新商品をアピールするときは、ストーリーテリング(利用者の声とか実体験)を付け加えて

 

と言った使い分けをするのが正しいって事ですね。

 

僕も一時期ブログでストーリーテリングのような書き方をしようかと考えた時期もあったんですけど、研究論文を参考に書いている限り必要なさそうですね。

 

インパクトに欠けるものを紹介する時には、実体験とか偉人の話でもしてみます。

 

って事で、ストーリーテリングの正しい使い方でしたー。

 

 

Twitterをフォローする

 


1048-min-1280x854.jpg

2019年7月3日

[3col-box]
[3-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”どんな人向け?” style=”1″]

  • 交渉を有利に進めたい人

[/3-left]
[3-center bg_color=”#f7f7f7″ title=”解決される問題” style=”1″]

  • 交渉が上手くいかない問題

[/3-center]
[3-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”読むとどうなる?” style=”1″]

  • 交渉の成功率が上がる

[/3-right]
[/3col-box][3col-box]

人と関わっていると意見が対立することがしばしばあります。話し合って解決しなければなりません。

これは少し硬い表現で表すと「交渉」ですね。

自分の意見と相手の意見の妥協案を探りつつ、合意を目指す。

交渉スキルがあると、何かと人生がイージーモードになるわけですが、「どんな時に交渉が上手くいくのか?」ってのを調べたおもしろ研究があったのでシェア。

交渉が上手くいきやすいケースとは?

これは2016年に発表されたジョージア大学の研究で、202人の「ビッグ5」を調べて、ランダムにペアを組ませて交渉してもらったそうな。

ビッグ5とは、心理学における最も信頼性のある性格分類方法です。当ブログ(効果のある教育のヒント)でもご紹介した事がありますので、気になる方はこちらをご覧ください↓

交渉内容は、会社でよくある問題(コストカットか従業員の報酬を上げるか?)を7つ話し合ってもらったそうです。

そしたら、最も交渉がうまくいったペアが判明しまして、

  • ビッグ5の結果が一致していたペアは交渉がスムーズに進んでいた!

意見が違っていても、性格が同じだと話し合いが円滑に進むみたい。

特に重要だったのが、「外向性・内向性」の一致だっそうです

外向性の高い人は、

  • 質より量
  • コミュニケーション能力が高め
  • 陽気で周囲を笑顔にする
  • 人との距離を縮めるのが上手い
  • ご褒美でモチベーションが上がる

外向性の低い人(内向的)は、

  • 量より質
  • 恥ずかしがり屋
  • 口数が少ない
  • 罰を避けるのがモチベーション

 

こんな感じの違いがあります。

研究者いわく、

交渉では、意見に強い思い入れがある人を派遣するべきではない。

交渉相手の性格と一致した人を話し合いの場に置くべきだ。

さらに、

交渉がどの程度うまく進むかは、2人の組み合わ次第です。

内向性・外向性には両方の性質を持つ「両向性」の人もいますから、どんな人と交渉するかわからないって時は、とりあえず両向性の人を派遣しておけば下手な事にはならないでしょうな。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①性格が一致していると説得しやすい。

 

②自分と子どもの性格が似ているのであれば、直接話して説得した方がいいだろう。

 

③真逆の場合は、説得したい子の性格と近い子に掛け合ってもらうように頼もう。

[/box03]

両向性だとしても、内か外かのどちらか寄りにはなりますので、仕事仲間に自分と性格が真逆な人を選ぶと、外部との交渉に困る事はないでしょう。

ただ、内輪揉めが増えるかもなので、

  • 外向性の高い人
  • 内向性の高い人
  • 両向性の人

のバランスを保てるようにするのがよろしいかと。参考までに。

 

って事で、交渉相手と同じ性格の人を派遣しろ!って話でしたー。

 

[box01 title=”Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています”]https://twitter.com/edintblog[/box01][jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”200px” color=”#e5ad14″ url=”https://twitter.com/edintblog” target=”_self”]ちょっとだけのぞきに行く[/jin-button-flat]

Business card photo created by tirachard – www.freepik.com


ON40S30-min-1280x960.jpg

2019年6月24日

[3col-box]
[3-left bg_color=”#f7f7f7″ title=”どんな人向け?” style=”1″]

  • 自分の子どもには将来的安定した職業について欲しいと思っている親御さん
  • 年収を高くしたい人

[/3-left]
[3-center bg_color=”#f7f7f7″ title=”解決される問題” style=”1″]

  • 年収が低い問題

[/3-center]
[3-right bg_color=”#f7f7f7″ title=”読むとどうなる?” style=”1″]

  • 年収が上がる
  • 自分の子を成功させられる

[/3-right]
[/3col-box][3col-box]

心理学や教育学の論文を沢山見ていると、どうやら5、6歳の性格で将来の成功が予測できるらしいんですよ。当ブログ(効果のある教育のヒント)でも、過去にこんな記事を書いた事がありまして。

なるほどなーと思うわけですよ。そんな中、モントリオール大学からアップデート版が出ていたのでご紹介。

5、6歳のある特徴が35歳の高収入を左右する?!

資本主義社会なので、年収が高い人ほど成功者と言われます。異論はありましょうが、これも一つの尺度ですからね…

今回ご紹介する研究では、5〜6歳の子ども2850人の性格を調べ、30年後の年収と照らし合わせたんですな。

で、まず結論から申し上げますと、

  • 30年後の年収を左右していたのは「集中力」だった!
  • 「集中力」のスコアが1下がるごとに、男性は年始が13万7千円・女性は9万9千円低くなる
  • 多動性自体はそこまで重要ではない!

 

幼少期に集中力が高い子は、将来年収も高くなるんだ、と。ここで鋭い方は、「多動性の高い子は集中力が低いのでは?」と思うかもしれません。

確かに一理あります。多動性の高い子は、じっとしていられないため、座って勉強するのが困難と言われていますからね。

しかし、「集中力の高さ」とはあまり関係していないんですよ。

多動性の高い人は、興味が移ろいやすいものの、ハマった時の集中力は尋常ではありません。詳しくは、こちらの記事を見ていただけたらと思います↓

並外れた成果を出したレオナルド・ダヴィンチは、ADHDでいろんなことに手を出しながらも、優れた集中力で歴史的偉業を量産し多そうですからね。

多動性が低いに越したことはありませんが、ポイントは「集中力」という事はとりあえず押さえておいていただければと。

親切さも重要である

さらにもう一つ重要な予測因子だったのが、

  • 向社会性の高さ!

心理学用語なので聞き馴染みがないかもしれませんが、ざっくり説明すると、

  • 見返り無しで人助けできるか
  • 人の役に立とうとしている
  • 人との繋がりを大切にしているか

みたいなものの総称です。5、6歳で向社会性が高い子は、将来の年収も高かったんですな。具体的には、

  • 向社会性のスコアが1上がるごとに、5万円の増加

と関連していました。まぁ、仕事は人と人との間で生まれるものですから、これには納得なのではないでしょうか。

集中力が低くても、友達が多いとか、常に集団の中心人物であるならば、将来成功する可能性は大です。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①5、6歳の性格で30年後の年収が予測できる。

 

②高い年収と結びついていたのは、「集中力」と「向社会性」。

 

③多動性はそこまで重要ではない。問題は集中力がない事。または、ハマるものに出会っていない事。

[/box03]

幼少期の集中力は親による影響が大きいので、日頃子どもとの接し方を振り返ってみるのをおススメします。詳しくは下のリンクからご覧ください。

ネタバレしますと、スマホをいじりながら育児をするのはよろしくありません。

向社会性に関しては、こちらの記事が参考になりそうなので、貼っておきますね。

 

って事で、集中力と親切さを極めよう!って話でしたー。

 

[box01 title=”Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています”]https://twitter.com/edintblog[/box01][jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”200px” color=”#e5ad14″ url=”https://twitter.com/edintblog” target=”_self”]ちょっとだけのぞきに行く[/jin-button-flat]

Business vector created by dooder – www.freepik.com


15135-min-1280x853.jpg

2019年6月14日

当ブログでは、「グループワークをするなら人数は3人くらいがベストかな!」って話をしていましてね。

大人数でやるのはおススメしかねると言いますか…

そこで、さらに追い討ちをかけるような、こんな欠点もあるそうです。

グループが大きくなるほど自分の貢献度を高く見積りがちになる

カリフォルニア大学の研究で、ビジネススクールの学生699人に、グループで「交渉を成功させる戦略」を立ててもらったそうな。

その後、「あなたは今回の話し合いにどれだけ貢献したと思います?」と質問し、貢献度を数字にしてもらいました。

で、結果を集計してみるとこんな傾向にありまして…

  • グループが大きくなるほど自分の貢献度を高く見積もるようになっていた!

 

「俺・私のおかげでこのグループワークは成功したんだ!」って思うようになっていたんですね。

グループの規模が小さいと、全員の貢献度の合計が100%前後だったものの、8人以上のグループだと、合計が140%以上になっていました。

グループが大きすぎると人に感謝できなくなる

グループで活動するとは、お互い持ちつ持たれつでやっていくという事です。当然、自分一人だけで成功させられる訳はありません。

しかし、グループが大きくなってしまうと、「自分が成功に導いたんだ!」と錯覚し、能力を過信してしまう恐れがあります。

これがどんな問題を引き起こすのかと言いますと、

これからの時代は協力して大きな問題に取り組まなければなりませんから、できれば上のような事態は避けたいところでしょう。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①グループの規模が大きくなるにつれて、自分の貢献度を高く見積もりがちになる。

 

②グループで共同作業をしてもらう際には、4、5人で1グループに分割しよう。

 

③グループワークの最後に、お互いの貢献度報告会を開こう。

Ex:

A君「Bちゃんが僕たちの発言を記録してくれていたから助かった!」

Bちゃん「A君がみんなに質問して、発言を促してくれたから話し合いが進んだ!」

[/box03]

いくばくかの過信は挑戦するエネルギーになりますが、これが大きすぎると残念な人間になってしまいます。

「貢献度報告会」は過信を避けるおススメの方法なので、取り入れてみてはどうでしょうか。

 

って事で、グループが大きくなると自分の能力を過信してしまう!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Schroeder, Juliana,Caruso, Eugene M.,Epley and Nicholas(2016).Many hands make overlooked work: Over-claiming of responsibility increases with group size.

Camera photo created by katemangostar – www.freepik.com


17641-min-e1559266815956-1280x1024.jpg

2019年6月2日

「将来AIが人間に取って代わる!」なんてのはもうお決まりのフレーズ。

そこで大抵は、「AIにできない人間だけの強みを見つけて伸ばしていくべし!」みたいな結論に落ち着きます。

じゃあ、仕事は全てAIに任せたほうがいいのか、と言うとそうでもなかったりします。

できる仕事を全てAIに任せても生産性は上がらない

最近出たゲッティンゲン大学らの研究では、「できる仕事を全てAIに任せたら本当に生産性は上がるのか?」ってところを調べてくれて、なかなか参考になりました。

この研究では、運送業界やエンジニアリング業界で、

  • 人間だけ
  • AIだけ
  • 人間とAIのハイブリット

で仕事にあたった場合の生産性をシミュレートしたそうな。そしたらこんな結果になりまして↓

これは運送業の事故率をシミュレートした結果です。

一番事故率の低かったのが、人間とAIの判断をまとめたグループ。エンジニアリングでも同様の結果でして、AIの意見を考慮にいれて決断を下した方が生産性は高くなるみたい。

今回の結果を見る限り、「AIに全任せ」ってのは効率的ではないのかもしれませんね。まぁ、逆の事も言えるわけですが…

AI時代に求められる人材とは?

現段階で言えるAI時代に求められる人材とは、

  1. AIにできない発想力のある人
  2. AIの意見を活用して最善の決断を下せる人

の2つではないかと思われます。①はよく言われていますよね。②は今回のご紹介した研究から考えられる事です。イメージとしては、データサイエンティストに近いでしょうか。

なので、

  1. データの収集
  2. 集めたデータを分析して結論を出す
  3. それを現実に適応し、修正する

これが上手い人がAIと共存していける人になるでしょう。

唯一のハードルは、人間はAIが正しくても信じようとしないってところですかね…

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①仕事をAIに任せても生産性が極端に高くなるわけではない。逆も然り。

 

②これが単純作業ならまだしも、「判断」を必要とする分野ではAIの意見をもとに人間が最終的判断を下した方がいい。

 

③情報を分析して現実に活かす経験を沢山積んでおこう。

[/box03]

こう考えるとAIは敵って訳ではなく、むしろベストパートナーと言えますね。

上手く付き合っていきたいものです。

 

 

って事で、仕事ではAIと人間のハイブリッドが一番成果を出せるよ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Matthias Klumpp,Marc Hesenius,Ole Meyer,Caroline Ruiner and Volker Gruhn(2019).Production logistics and human-computer interaction—state-of-the-art, challenges and requirements for the future.

Business vector created by rawpixel.com – www.freepik.com


5332-min-1280x853.jpg

2019年6月2日

先日、「レオナルド・ダヴィンチはADHDだったかも!」という記事を書いたんですよ。

意外と反響がありまして、「ADHDのメリットがあれば他にも教えてくだい!」って声をいくつか頂きましたので、ちょっと書いてみます。

ADHDは起業家向き?

今回取り上げたいのがミュウヘン工科大学の研究で、社長とADHDの関係性について調べた研究。

先行研究で、「もしかしたら社長ってADHDの人多くない?」ってな調査結果が出ていたそうで、この研究ではそこら辺を深掘りしています。

確かに、アイデアは気が散っている時に浮かびやすく、ADHDの人は気が散りやすいため、事業を思いつきやすいのではないか、と考えられますもんね。

さらに、ADHDの人は興味が移ればそれを試さずにはいられないので、研究者も、

リスクにとらわれる事なく、「新しいことを試したい!」という大きな意欲は、重要な起業家の特性です。

素質はありそうですな。そこで、ADHDだと診断された14人の起業を徹底的に調査してみたところ、3分の1は事業が成功していなかったみたい。ただし、

ADHDは、事業を立ち上げる決断の重要な助けとなり、企業家精神に大きな影響を及ぼしていた。

リスクテイク、情熱、固執、時間的なコミットメントどれも素晴らしかった。

ダヴィンチの記事でも書きましたけど、ADHDの人は興味が移りやすいんですな。しかし、一旦興味を示せば、異常なほど集中し、成果をあげるらしいです。

ADHDの人が苦手なもの

14人の起業には共通点が一つあったそうで、

  • 事務作業が超苦手!

決まったルールの中で、淡々とこなすのは向いていないみたい。まぁ、これはこれまでの事から薄々気がついていましたが……

なので、ADHDの人が社会で成功するには、

  1. 事務系の仕事には就かない
  2. 単純作業も極力さける
  3. クリエイティブな仕事に就く
  4. 自分のアイデアをまとめてくれるパートナーを見つける起業する

ですかね。持ち前の行動力と発想力を活かしましょう。ただ、それだけでは上手くいかないので、サポートしてくれる人を見つけたいですね。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①ADHDの人は起業家に求められる要素を沢山兼ね備えている。

 

②興味の赴くままいろんな事に手を出そう。クリエイティブな事がおススメ。

 

③それを形にしてくれるパートナーを見つけるべし。

[/box03]

優秀なNo.2が見つかればADHDの強みを社会で発揮していけるかと思われます。

No.2育成場みたいなところがあるといいのですが…

 

って事で、ADHDは優秀なパートナーを見つければ起業家として成功するかも?!って話でしたー。

 

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Johan Wiklund,Holger Patzelt and Dimo Dimov(2016).Entrepreneurship and psychological disorders: How ADHD can be productively harnessed.

Business photo created by yanalya – www.freepik.com


6226-min-1280x853.jpg

2019年5月28日

人が最高のパフォーマンスを発揮するのには環境が重要。騒音でうるさ過ぎると集中できませんし、音楽が流れていてもダメだったりします。

で、今回紹介するのは「温度」です。

部屋の温度で最高のパフォーマンスを発揮するには?

今回ご紹介する研究では、547人の大学生を集め、

数学課題・・・電卓無しで2〜5桁の計算

言語課題・・・アナグラムで沢山言葉を作る

認知課題・・・引っ掛け問題のテスト

Ex:ボールとバットを合わせて買うと1100円です。バットの値段はボールの値段より1000円高いです。ボールの値段は何円でしょう?みたいな問題。正解はボールが50円でバットが1050円なのですが、ボールは100円と答えがち。

 

で、課題を解いてもらう時の部屋の温度を変えて(16℃〜33℃で)成績がどれだけ変わるのかを調べたんですな。そしたらこんな結果になりまして、

  • 女性は室内の温度が上がるほどテストのスコアが上がる!
  • 男性は温度が下がるほどテストのスコアが上がる!

例えば数学課題で言うと、部屋の温度が1℃上がると、

  • 女性は正答率が1.76%アップ
  • 男性は正答率が0.63%ダウン

してました。1℃だけ見れば影響が小さく感じますが、積み重ねたら結構な差になりますよね。

我々の調査結果は、男女混合の職場環境では、室内の温度を現在の基準よりも高く設定することによって生産性を高めることができるかもしれないことを示唆している。

女性の方が約3倍ほど温度による影響を受けるため、室内温度は女性に合わせた方がいいんだ、と。

まぁ、職場の男女比によりますけど、女性が過半数を占めているなら少しポカポカするくらいに設定しておくと良さげですね。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①女性は少しあったかいと感じるくらいの環境でベストなパフォーマンスを発揮する。

男性は少し寒いと感じる環境でベストなパフォーマンスを発揮する。

 

②女性が温度から受ける影響は、男性の約3倍。室内の温度は女性に合わせて高めに設定しておこう。

 

③勉強する時の環境も気をつけよう。

男性なら、エアコンの温度を低くするか、窓を開ける。女性ならエアコンの温度を高くするか、窓を閉めると効率的に勉強が進む。

[/box03]

 

温度でパフォーマンスが変わるってのは知ってましたけど、男女でこんなにも差があるとは知りませんでした。

これから暑くなるのでエアコンをガンガンかけて論文を読むことにしますかねー…

 

って事で、女性はあったかい時・男性は寒い時に最高のパフォーマンスを発揮するよ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Tom Y. Chang and Agne Kajackaite(2019).Battle for the thermostat: Gender and the effect of temperature on cognitive performance.

Background photo created by lifeforstock – www.freepik.com



当ブログの運営者:エイジ

年間3600本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote