タグ: 創造性

2378651-min-e1560262730258-1280x832.jpg

2019年6月16日

最近読んだ論文では、「話し合い(会議)の時にある事をやるといいアイデアが浮かぶぞ!」って内容で楽しかったです。

何だと思います??結構意外な事ですよー。

会議中にやるべき事

では、答えです。会議の時にやるべき事はというと…

  • 空想

意外ですよね(笑)話し合うべき時に自分の世界に入ってボーっとするのがいいなんて。

ソースは2017年にジョージア工科大学から出た論文で、129人に日々のマインドワンドリング頻度を調べたんですな。

マインドワンダリングとは、「今ここにあらず」の状態の事で、ボーっとしたり、他ごとを考えている時の事。

そして、創造性を測るテストを受けてもらったところ、

  • 会議中に空想していた人ほどクリエイティブだった!
  • しかも、空想していた人ほど頭が良かった!

グラフにするとこんな感じ↓右肩上がりです。

常にマインドワンダリング状態だと、それはそれで支障があるかもですが…

マインドワンダリングテスト

おまけとして、あなのマインドワンダリングレベルを測るテストをご紹介しておきます。

1(全く当てはまらない)〜6(常に当てはまる)でお答えください。

1.単純作業に集中して取り組むのが難しい。

2.文字を読む際に、途中から理解できなくて読み返す事がある。

3.集中モードに入らなくても物事を完遂する事ができる。

4.会話中でさえも、隣の人の会話が耳に入ってくる。

5.講義やプレゼンテーションを見ている時、少しの間があるとすぐ他のところに注意が向く。

平均点が16.04だったので、17点以上の人は、アイデアマンの可能性が高いかも。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①つまらない会議や話し合いの時には空想に励もう。思わぬアイデアが浮かぶかも?!

 

②解決策が思いつかない時は、ながら作業がベスト。

 

③どうしても集中できない時間は、アイデア出しの時間にしよう。

[/box03]

私だと、13時〜16時は集中できないので、文献を読むのはやめてブログのネタ出しの時間にしてますね。

会議中に空想してたら怒られちゃうかもしれませんが、煮詰まったらボーッとするのも手でしょうな。

 

って事で、空想するといいアイデアが思いつくかも!って話でしたー。

 

 

[box01 title=”Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています”]https://twitter.com/edintblog[/box01][jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”200px” color=”#e5ad14″ url=”https://twitter.com/edintblog” target=”_self”]ちょっとだけのぞきに行く[/jin-button-flat]

Christine A.Godwin,Michael A.Hunter,Matthew A.Bezdek,GregoryLieberman,SethElkin-Frankston,Victoria L.Romero,Katie Witkiewitz,Vincent P.Clark and Eric H.Schumacher(2017).Functional connectivity within and between intrinsic brain networks correlates with trait mind wandering.

Business vector created by freepik – www.freepik.com


apple-2385198_1920-min-1280x853.jpg

2019年5月24日

何を隠そう私、Apple製品が大好きマンなんですよ。

  • Apple Watch
  • AirPods
  • iPhone XS Max
  • iPad mini
  • iPad Pro
  • iMac

を日々活用しております。Appleの製品って連携が素晴らしくて、ついつい買ってしまうんですよねー。

そんな Apple好きが「Appleのロゴを見るだけでクリエイティブになるよ!」って研究を見つけたので読んでました。

ロゴを見ると企業のイメージに近い行動をとるようになる

デューク大学の研究で、「企業のロゴにもプライミング効果ってあるの?」というのを調べたんですな。

[box04 title=”プライミング効果とは?”]事前に見聞きした情報に影響され、後の行動が変わってしまう事。[/box04]

プライミング効果の有名な研究では、「白髪」・「しわ」と言った単語を見た人は、歩くスピードが遅くなったとか。

これは、老人というイメージが刷り込まれ、行動に影響した事例です。

当ブログでも昔、「自分はアインシュタインだ!」と思うと頭が良くなる。という研究を紹介した事がありまして、あれもプライミング効果の一種。

 

で、まず341人の大学生をランダムに2つのグループに分けて視覚課題に挑戦してもらったんですな。

  • 課題中にAppleのロゴが一瞬映るグループ
  • IBMのロゴが一瞬映るグループ

 

ロゴは80ミリ秒というほんの一瞬で、わからないレベルです。

その後、創造性を測るテストを受けてもらいました(レンガの面白い用途を考えてくだいみたいな)。そしたらこうなりまして、

aが思いついた使用方法の個数で、bが第三者によるクリエイティビティの評価になります。

見たところ顕著にAppleプライミングを受けた人達はクリエイティブになってますな(笑)

とにかく沢山のアイデアを出さないと優れたアイデアは思いつけませんから、良いアイデアを思いつきたければAppleのロゴマークを見ておくと良さそうっすねー。

クリエイティブな企業ならなんでも良い

この研究では、追試として同じような実験をディズニーチャンネルのロゴマークとただのEで行ったところ、

  • ディズニーチャンネルのロゴを見た人はマジメになっていた!

今回は、アンケートに最後まで答えるか?ってので調べたんですよ。High-Progress ってのはアンケートの進行度が早い(回答数の少ない)グループ。ここには影響がほとんどないですな。

一方、Low-Progressグループ(回答数が多くてめんどくさいアンケート)になると、ディズニープライミングが効いてきてますね。面白いなぁ。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

Appleのロゴを見たり、Apple製品を使うと自然とクリエイティブになれるかも!

 

Appleでなくても、自分が「この企業はクリエイティブだ!」と強く思うところならそこのロゴマークでもOK

 

③企業のロゴマークを見ると、そのイメージに沿った行動をとりやすくなる。

[/box03]

 

不正の多い企業だと負の影響があるかもしれないんで、そういう意味では企業イメージって大事っすね。

まぁ、プライミング効果ってそこまで劇的なもんでもありませんが、気に留めておくだけでもね。

これからはiMacに刻まれたリンゴマークを見てからネタを考える事にしますかね…

って事で、企業のロゴマークを見るとそのイメージに沿った行動を取るようになるよ!って話でしたー。
[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

GRA´INNE M. FITZSIMONS,TANYA L. CHARTRAND and GAVAN J. FITZSIMONS(2008).Automatic Effects of Brand Exposure on Motivated Behavior: How Apple Makes You “Think Different”.


OGMT9J0-min-1280x912.jpg

2019年5月13日

未来を予測するのって至難の業でして、明日何が起こるのかなんて誰も予想できないんですな。

しかも、それが1年後とか10年後となるとわかるはずがありません。

そんな中、ダートマス大学から出た新しい研究によると、「未来の予測力が高い人の特徴はコレだ!」って内容で参考になりました。

未来を予測したければ、ここを伸ばせ!

この研究は3つの実験から構成されてまして、1つ目は、実験に参加した300人に「500年後の世界はどうなってると思います?」と質問したんですな。そしたら、

  • 創造性の高い人ほど未来を明確にシミュレートできていた!

当たり前ですけど、現在と未来が遠くなるほど想像するのが難しくなります。こうなると未来の映像がボヤけてしまい、予測が外れてしまうんですな。

しかし、創造性の高い人は未来の解像度が高いんだ、と。

2つ目の実験では、

  • クリエイティブな仕事をしている人
  • クリエイティブな仕事をしていない人

に分け、遠い未来を想像してもらう課題に取り組ませたんですな、そしたら案の定クリエイティブな仕事をしている人の方が高いスコアを記録したんだと。

3つ目の実験では、「予測能力の高い人と低い人の脳はどう違うの?」ってのを調べたそうな。

創造性の高い人27人と普通の人27人を対象に、

  • 近い未来を想像してもらタスク(明日の夕飯とか)
  • 遠い未来を想像してもらうタスク(100年後の働き方とか)

に取り組んでもらい、脳の状態を計測したところ、

  • 創造性の高い人もそうでない人も近い未来を想像している時の脳の状態は全く同じだった!
  • しかし、遠い未来の事となると、創造性の高い人は脳の背内側が著しく活性化していた!

予測力の高い人とそうでない人とでは脳の使い方が違うんだ、と。

背内側とは共感した時に活性化しやすい脳のエリア。確かに共感って相手のバックグラウンドを想像しなきゃならないですから、想像力がいりますもんね。

予測力を高めるには?

脳には可塑性(変化していく性質)がありますから、日頃からクリエイティブな活動を増やしていけば脳の使い方を変えていけるかもしれません。

クリエイティブな仕事に就いている方なら仕事に打ち込む事で予測力を高めていけるでしょう。

クリエイティブに欠けるようなら、クリエイティブな趣味を持つのがオススメです。

あとは意図的に創造性を伸ばしたりとか。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①近い未来(24時間以内)の予測力は誰でも同じ。

 

②しかし、遠い未来は創造性の高い人の方が予測力が高い。

 

③予測力の高い人はそもそも脳の使い方が普通の人とは違う。クリエイティブな活動を増やして脳の使い方を変えていこう!

[/box03]

社会の変化は年々加速してますから、予測力は必須スキルでしょう。

授業でもクリエイティブな活動を増やして子ども達の脳の使い方を変えていきたいですな。

 

って事で、創造性の高い人は予測力が高いよ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Meyer, Meghan L.,Hershfield, Hal E.,Waytz, Adam G.,Mildner, Judith N.,Tamir and Diana I.(2019).Creative expertise is associated with transcending the here and now.

Business photo created by jannoon028 – www.freepik.com


141170-OSX8HT-134-min-e1554799641395-1280x775.jpg

2019年4月25日

質問を頂きました。

「良い孤独と悪い孤独の違いとは?」という記事の終盤に、一人でいた方が創造性が高まるという事を書かれていましたよね?

もっと詳しく教えていただけませんか?

確かに書きました。

そこら辺をもうちょい詳しくって事なので、バッファロー大学の研究でも紹介してようかと。

孤独は辛い…けど創造性とは相性抜群!

この研究では、295人(平均年齢19.31歳)の一人になる動機を調査したんですな。

だいたい3つに分類できたそうで、

  • 恥ずかしいから・・・シャイな性格で上手くコミュニケーションが取れないタイプ。
  • 回避的だから・・・人との間に壁を作りがちで、他人の事を信用しないタイプ。
  • 非社会性が高いから・・・普通に人付き合いができるが、基本的に一人でいたいタイプ。

 

確かにいじめ以外で一人になっちゃうケースってこの3つかも。ちなみに、私は圧倒的な非社会性タイプ(でなけりゃ1日に3つもブログ書けない…笑)

で、肝心の創造性なんですが、こんな結果でした。

  • 恥ずかしがり屋と回避レベルが高いと、創造性は低くなる!
  • ただし、非社会性レベルが高い人は、一人でいる時の方が創造性が高い

 

孤独のタイプによって違っていたんですな。研究者いわく、

恥ずかしがり屋で回避的な人は、孤独な時間を楽しく、生産的に過ごすことができない可能性があります。

おそらく、彼らは自分への否定的な認識や恐怖に意識が向いてしまうのでしょう。

恥ずかしがり屋の人は、本当は他の人とワイワイやりたいのに出来ないって現実が頭の中を支配してしまい、創造性が低くなっちゃんだと。

一方、回避的な人は、自分の殻に閉じこもってしまうが故に視野が狭くなるため、これまた創造性は低くなるらしい。

一人の時間=楽しい時間

自分も非社会性の極みみたいな奴なんでわかりますが、一人の時間ってめちゃくちゃ楽しいんですよね(笑)

もちろん、友人と話すのも刺激になりますが、生産性が落ちがち。勉強会に行くと勉強できませんでしたもん。

そもそも、一人=ネガティブってイメージが皆無なので、一人なのに孤独は感じないし、生産性は高くなるしでいい事だらけなんですな(パリピへの負け惜しみじゃないですよ?笑)。

そんな訳で、一人の時間に何の後ろめたさも感じないのであれば、一人になった方がいいアイデアを思いつきやすくなるかも。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①自分が一人になってしまう原因を考えてみよう。それは、

  • あなたがシャイだから?
  • 他人を信用していなから?
  • 一人の時間が楽しいから?

 

②もし、原因がシャイと他人を信用していないからなのだとしたら、一人の時間が長すぎると良くないかも(実際に、孤独は不健康やうつを引き起こすので)。

 

③そうではなく、「とにかく一人の時間が楽しいんや!」って人は、人で黙々と作業をしたり、アイデアを考えた方が仕事でいい成果が出せるだろう。

[/box03]

 

良い孤独と悪い孤独の違いとは?」と似たような結果でしたねー。

あんまり友達がいないよって方は、「自分は一人の時間が大好きで、好きで一人でいるんだ!」って思っておけばいい事があるかもですね。

 

って事で、一人大好きな人は一人の時の方がいいアイデアが浮かぶよ!って話でしたー。

 

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Julie C.Bowker,Miriam T.Stotsky and Rebecca G.Etkin(2017).How BIS/BAS and psycho-behavioral variables distinguish between social withdrawal subtypes during emerging adulthood

School photo created by freepik – www.freepik.com


14326-min-1280x879.jpg

2019年3月27日

「AIが人間の仕事を奪うのか?」みたいな議論の着地点は大方、「AI時代では人間しかできないことを見極めて、そこに力を入れるべし!」になります。

テレビの討論番組やシンポジウムでは難しい言葉が飛び交いますが、結局はこんな感じで終わるんですな。

なら、人間にしかできない事って何ぞや?って事なんですけど、科学の世界ではよく「創造性」が持ち出されます。

AIは命令された事をこなす能力はずば抜けてますが、独自で考え出す事は出来ません。

「いやいや、AIが歌詞を書いたってニュースがあったじゃん!」と言う方もいらっしゃいましょうが、あれもプログラムの一部ですから、事前に入力したデータ以外のものは出来ません。

一方で人間はというと、ずば抜けた「創造性」を武器に、火を手懐け、武器を作り、生態系のトップにまで躍り出ました。

人間の「創造性」はとどまる事を知らず、毎年新しい発見や発明がなされています。

そんな訳で、「創造性」は人間特有の能力かつ、AIに負けないためにも伸ばしていきたい能力なんですな。

で、「創造性」に関する研究を読み漁っておりましたところ、「創造性の高い人はアレを理解するスピードが早い!」てな研究を見つけましたのでご紹介(前置きながっ!)。

創造性の高い人はあれを理解するスピードが速い!

こちらペンシルベニア大学らの研究で、実験参加者に2つのテストを受けてもらったんですな。

1つ目は「リモートアソシエーションテスト(RAT)」なるもの。これは、一見無関係のように思える単語を3つ提示し、共通点を見つけ、4つ目の単語を答えてもらうというもの。

例えば、

カッテージ・ケーキ・スイス

答え:モッツァレラ、スモークとか(共通点はチーズなので)。

この成績がいいと、創造性が高いとみなされます。

2つ目は、「比喩課題」。提示された比喩が理解できたスピードを計測したんだと。

比喩って一見関係のなさそうなもので言い換える表現なので、研究者らは「創造性と関係があるのでは?」と考えた訳ですな。

で、結果はお察しのとおりで、

  • 創造性が高かった人ほど比喩の理解スピードが速かった!

 

とな。比喩にもレベルがあったんですけども、最も難しい比喩になると、創造性の高い人は低い人にくらべて約1.35倍速く理解しておりました。

研究者いわく、

私たちの研究によると、創造性の高い人は、創造性の低い人よりも、あらゆる単語を理解するのが全体的にみて速い事が判明した。

しかし、創造性の高い人は、一見関係のなさそうな単語を理解するスピードにおいてのみ有意に高かった。

比喩が難しければ難しいほど、創造性の高い人は理解するスピードが速いんだ、と。

って事は、村上春樹さんの小説を一瞬で理解できる人はクリエイティブな可能性が高いって事かぁ。

ハルキストの時代がやってくるのか??(笑)

まぁ、でもこれは因果ではなく相関関係を明らかにしたに過ぎませんので、村上春樹の小説を読めば創造性が上がる!とまでは言い切れませんが……

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①比喩をすぐ理解できる人は創造性が高い傾向にある!面接などで比喩課題を出すのもいいだろう。

 

②「まるで〜のようだ」と言い換える癖をつけてとくと、創造性が高くなるかも?!

 

③比喩力をアップさせるのに、パッと浮かんだ2つの単語を結びつけて比喩にし、その理由を説明するというゲームもおススメ。

[/box03]

 

論文には難しい比喩なんて出てきませんから私の比喩力はおそらく醜いでしょう(笑)

純文学のウェイトを増やすかなー……とか言いつつ、シャーロック・ホームズを手に取る私。

 

って事で、創造性の高い人は比喩の理解スピードが速いぞ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Yoed N. Kenett, Rinat Gold and Miriam Faust(2018).Metaphor Comprehension in Low and High Creative Individuals

Business photo created by dashu83 – www.freepik.com


388168-PC4C62-117-min-1280x853.jpg

2019年3月25日

いいアイデアを思いつきたい!」てのは誰しもが思うことでしょう。

 

アイデアを思いついて、それを実行しさえすれば億万長者も夢ではありませんからね(笑)

 

僕もブログのネタ出しに難儀することが多々ありまして、「なんかピリッとした記事じゃないけどしょうがないか…」と妥協する事もしばしば(意外に読まれて困惑する)。

 

「あー、クリエイティブな人になりたいなー」と思っておりましたところ、「アイデアマンになりたければご褒美を用意しておけ!」って研究がテキサス大学から出ておりまして、めちゃくちゃ参考になりました。

 

ご褒美でクリエイティブになるには?

 

この研究では、ビジネススクールに通う学生104人を対象に、20分間で「Rebus Puzzles」なるクイズを考えてもらったんですな。

 

どんなものかと言いますと、文字・色・大きさ・図を使って、ある表現をするというもの。

いまいちピンとこないでしょうから、下の絵を見てください。

 

これが表す意味は何でしょうか?

 

答えは、小さいtalkなので、「スモールトーク(世間話・お喋り)」となります。

(「Rebus Puzzles」のサイトがありましたので、興味ある方はどうぞ。)

 

で、この研究では、学生達をランダムで4つのグループに振り分けております。

  • 「ある程度クイズを提出するたびに5ドルお支払いしますよ!」と伝えられたグループ(量+お金)
  • 「クイズの創造性スコアが6点以上なら5ドルから45ドルの間でお金を払いますよ!」と伝えられたグループ(高い質+お金)。
  • 「クイズの創造性スコアが4点以上なら5ドルから45ドル間でお金を払いますよ!」と伝えられたグループ(低い質+お金)。
  • 「クイズの量・質に関わらず、参加費として25ドルあげますよ!」と伝えられたグループ(質も量も関係なし+お金)

 

どのアプローチが創造性を高めたかと言いますと、

1位:高い質+お金(2.35ポイント)

2位:量+お金(2.09ポイント)

3位:量・質関係なし+お金(1.87ポイント)

4位:低い質+お金(1.55ポイント)

 

となりました。「質が高いければご褒美あげるよ!」がいいアイデアを生み出すにはベストな戦略なんだ、と。

 

と、まぁここで大抵の研究は終わるんですが、この研究はもう少し踏み込んで調べてくれておます。

 

アイデアは寝かせろ

 

沢山の先行研究から、「時間を空けるといいアイデアを思いつきやすくなる!」って事が分かってます。

 

机でじっくり粘るよりも、一旦別の事をした方がひらめきが起きやすくなるんですな。

 

で、この研究でもそこら辺を調査しておりまして、10日後に抜き打ちで「Rebus Puzzles」に挑戦してもらったんですな。すると…

 

1位:量+お金(1.93ポイント)

2位:高い質+お金(1.75ポイント)

3位:量・質関係なし+お金(0.88ポイント)

4位:低い質+お金(0.58ポイント)

 

になったらしい。なんと1位と2位が逆転。

つまり、長期的には「とにかく沢山アイデアを出せばお金をあげるよ!」という戦略をとった方が良いアイデアが出やすいんだ、と。

面白いですねー。

 

どれくらいアイデアを寝かせば良いの?

 

この研究では、もう一つ似たような実験を行なっておりまして、そこから分かった事はといいますと、

  • 20分間他ごとをするだけでも創造性はアップする!

 

とな。研究者いわく、

 

我々の研究から分かったのは、インセンティブ(報酬)効果に即時性がないという事だ。

 

もし、クリエイティブな活動にインセンティブを与えるのならば、20分の休憩でもいいから、距離を取ると効果を十分に発揮するだろう。

まとめ

 

教育に活かすなら?

①すぐにいいアイデアを思いつきたいのなら、「高い質+ご褒美戦略」が有効。

 

②ある程度時間のある場合は「量+ご褒美戦略」を取ろう!

 

③アイデアは寝かせなければならない。20分間でもいいので、一度考えたら他ごとをしよう!(この研究では散歩をしてました)

 

 

 

アイデア出しの猶予期間が3日以上なら「量+ご褒美戦略」を取る事をオススメします。

現実で使うなら、

 

  1. 自分にとって最高のご褒美を設定する
  2. 解決したい問題についての解決策をとにかく沢山書き出だす(オススメは、時間を決めてその間はずっと取り組む事)
  3. 数日寝かせる(この間に思いつきやすいので、ひらめいたら即時メモ)
  4. 数日前に書き出したアイデアと新たに思いついたアイデアを見比べ、その中から選ぶ!
  5. ご褒美を堪能する

 

こんな感じでしょうか。

私のご褒美は新しい本を買う事なので、これからは「一週間分のブログネタを作れたら本を5冊買う!」って戦略でブログのネタを考えていくつもり。

 

 

 

って事で、クリエイティブになりたければ、量+ご褒美+休憩時間!って話でしたー。

 

 

 

Twitterをフォローする

 

 

 


560197-PKRC15-933-min-1280x720.jpg

2019年3月24日

時に子どもは本質を的確についた一言を発します。

こんな事が起きるのも、「社会化」が起きていないからであると言われているんですな。

どういう事かと言いますと、

  1. 歳を重ねるにつれて身分や関係性を理解してくる
  2. すると、他人の影響を受けやすくなる
  3. 常識を疑う機会が減り、本質が曇る

てな流れ。子どもが時にビックリするような事を自然に発するのも、外部からの影響を受けないからなんです。

大人になると子どものような発想を羨ましく思いますが、いったいいつから私達大人の目は曇るのでしょうか?

目が曇る年齢は○○歳から!

参考になりそうなのがオックスフォード大学らの研究。これは、6歳から14歳までの子ども155人の意思決定について調べたもの。

まず、子ども達にパソコン上で図形をいじってもらったそうな。

で、少し時間を開けた後に研究者が間違った情報(図形の形や回転方向)を伝えて、訂正するかどうかを調べたところ、

  • 12歳から他人に影響されるようになる!

という事が判明したらしい。

11歳までの子は研究者が間違った情報を言っても、訂正していたらしいんですけど、12歳以上からは受け入れるようになっていたんだと。

研究者いわく、

我々の結果は、12歳前後で社会的な脳機能の神経発達に分岐点があるのかもしれないことを示唆している。

12歳から脳の仕組みが変わるからではないか、と。

へー。12歳からは他人の意見を考慮に入れて意思決定するようになるですね。

これは社会で上手くやっていくのには必要な変化ですけど、同時に発想力が低下しますからね…うーん、もどかしい。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①12歳あたりから他人の意見を考慮に入れて考える事が出来るようになってくる。

 

②心の底から好き勝手できるのは11歳までかも。

 

③小学6年生からはグループワークのレベルを上げていこう。

[/box03]

 

私なんか発想力が皆無なんで、子どもの柔軟な思考が欲しいなーといつも思っております。

まぁ、もうあきらめて淡々と文献を読み漁るようになりましたが…

子ども達にはこうなって欲しくはないものです(笑)

 

って事で、12歳から人の影響を受けるようになるよ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Imogen Large, Elizabeth Pellicano, Andreas Mojzisch, and Kristine Krug(2019).Developmental trajectory of social influence integration into perceptual decisions in children

Hand photo created by freepik – www.freepik.com


562242-PL0JWM-458-min-1280x854.jpg

2019年3月2日

音楽って人に大きな影響を与えているんですよ。

誰しも音楽で勇気付けられたり、モチベーションがアップした、なんて経験があるでしょう。

実は当ブログで最も見られているのも音楽に関する記事だったりします。

そんな訳で、音楽に関する研究を定期的に見ていたところ、「本当に音楽で創造性がアップするのか?」って研究がでておりまして、なかなか面白かったです。

音楽でクリエイティブになる?

これはランカスター大学らの研究で、「音楽を聴くと人ってクリエイティブになるの?」ってのを調べたそうな。

まず実験の参加者に、3つの単語を見せ、共通点を見つけてもらったんですって。

例えば、

「梨・芋・口」に共通するものは?

答え:山(山梨(県)・山芋・山口(県))

みたいな。クイズ番組とかで良くあるやつっすね。

で、このようなクイズを4つの状況下で解いてもらったんですな。

  • 外国語の歌を流しながら
  • 母国語の歌を流しながら
  • 歌詞なしのメロディーを流しながら
  • 音のない静かなところで(対照群)

すると、

  • 母国語の歌を流しながらクイズを解いてもらった人達の回答率が著しく低かった!
  • 母国語の歌程ではないものの、外国語の歌でも回答率が低くなっていた!

 

てな結果に。どうやら、歌詞ありの音楽は創造性を低下させるらしい。

研究者いわく、

我々の実験結果は、BGMが創造性を高めるという一般的な意見とは矛盾したものだ。

それが母国語で身近な内容であるかどうかに関わらず、BGMは創造性を低下させるだろう。

クリエイターさんとかってヘッドホンで音楽を聴きながら仕事をしている人が多いんですけど、あれは逆効果なんだ、と。

だいたい、静かなところでクイズに答えてもらうと、55%の正答率なんですけど、音楽を聴きながらだと40%くらいに落ち込むんですよね。

減少率で言えば約27%の低下になりますので、そこそこ大きな影響ですな。

創造性を損なわない音

とまぁ、「何か思いつきたい時に音楽を聴くのは良くないよねー」ってな事を書いてきたんですけど、実は影響のない音もあったんですよ。

それは、「騒音」であります。

騒音って言っても工事とか電車といったうるさいレベルのやつではなくて、カフェとかの程よいうるささです。

この研究によると、カフェくらいの音ならむしろ創造性の促進効果がみられていたんですよ。

ってな訳で、何かいいアイデアを思いつきたい!と思ったら、カフェに行って考えるのもありでしょうな。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①面白い授業を思いつきたい時には、静かな環境で考えた方がいい。

 

②もしくは、カフェや図書館といった、程よいうるささの中で考えてみよう。

 

③音楽を聴きながら仕事をするとつまらないものが出来上がってしまうかも。

せめて、歌詞のない音楽や自然音にしよう。

[/box03]

 

もし何か問題を抱えていて、解決策を探しているなら、音楽を聴くのは控えた方がいいでしょうね。

私もブログのネタに困ったら、スタバへ行って意識高いフリをでもしてみようかと思う次第です。

 

って事で、良いアイデアを思いつきたければ、静かなところで考えるか、カフェに行け!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Emma Threadgold John E. Marsh Neil McLatchie Linden J. Ball(2019).Background music stints creativity: Evidence from compound remote associate tasks

Background photo created by freepik – www.freepik.com


01-150ppp-min-1280x1280.jpg

2018年12月6日

クリエイティビティの高い性格というものがあるそうです。

この性格を持つ子は書面、視覚芸術、発明、音楽、舞踊、科学の分野で専門的な成功を収める可能性が高いんだと。

クリエイティビティの高い人が持つ性格

スウェーデンの研究で、9537人の双子を対象に行われた研究です。

この研究では、創造性を要する事の成績を調査と性格テストを実施しました。

さらに、遺伝的要因を調べる為、被験者を双子に限定しています。で、高い創造性に繋がっていた性格はと言うと、

  • 感情に敏感
  • 好奇心が高い
  • 多様性を求める

 

ロシアの作家のトルストイはこんな事を言っていまして、

『芸術は技芸ではなく、それは、芸術家が体験した感情の伝達である。』

彼の言葉通り、高い創造性を発揮している人は感情的に敏感なんですね。

知性と創造性の関係

知性の高さも創造性とリンクしていました。

  • 科学的な成功のためには、知性はより大きな成果に結びついていた
  • 芸術の分野では、知性よりも経験の多さが重要だった

 

学者の場合はどこまでが既知の範囲でどこからが未知なのかを正確に見極める事が重要なので知性が重要なんですな。

芸術では、日常で多様な経験をしているかが成功を左右するそうです。

遺伝的の影響もある

研究者いわく、

インテリジェンスに関連する遺伝子は、芸術的業績よりも科学的業績において有意に大きな役割を果たしていました。

実際、知性に対する遺伝的影響の大部分は、科学的創造性にも関わっていました。

昔から遺伝か?環境か?なんて議論がありますけど、今回の研究では遺伝的要因もハッキリと見られたそうな。

まぁコレばかりはどうしようもないですからねぇ…

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①クリエイティビティを要する仕事では、好奇心と多様性を求める姿勢が重要。

 

②授業を考えるという点では教師も創造性が必要な職業。常に新しい事を学ぶようにしておくと良いだろう。

 

③子ども達に高い創造性を発揮してもらいたのであれば、「感情」と「経験」がキーワード。様々な経験を積む事が質の高い成果物を生み出すことにつながる。

[/box03]

 

AIが単純作業をしてくれてるため、これからは創造性が重視されてきます。

とりあえず好奇心を伸ばすにはどうしたらいいのか?ってのを考えていきたいところですな。

 

って事で、クリエイティビティを発揮する性格でしたー。

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Örjan de Manzano&FredrikUllén(2018).Genetic and environmental influences on the phenotypic associations between intelligence, personality, and creative achievement in the arts and sciences

Designed by Freepik



当ブログの運営者:エイジ

年間3600本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote