タグ: 進路

3112-min-1280x853.jpg

2019年5月21日
  • 退職
  • 告白
  • 引っ越し

etc…決断するのって怖いじゃないですか。

さっさと決めて行動に移した方がいいのはわかっているけど、怖くていつもと同じ行動をしてしまいますよね。

今回は、「じゃあ、決断の何が怖いの?」って話でも。

人は「決断」の何に怯えているのか?

「退職したいけど、収入が無くなるのが怖い…」という大きなものから、「好きなアイスにコーンポタージュ味が出たそうだけど、上手いのか…?」みたいな小さなものまで。決断には大小ありますが、どんなものにでも人は不安を感じます。

「じゃあその不安の正体って何なのよ?」って事で、ロンドン大学らが2017年にこんな研究を発表しておりました。

この研究では、不安障害の人25人とそうでない人23人を3つのグループに分けたそうで、

  • 写真記憶をしてもらったグループ
  • ギャンブルしてもらったグループ
  • 写真記憶とギャンブルをしてもらったグループ

 

決断時に生じる不安の正体を突き止めようとしたんですな。そしたらこんな事が判明したらしく、

  • 不安障害の人もそうでない人も同じくらい「失う事」に対して不安を覚えていた!
  • 不安障害の人は特に「リスク」を怖がっていた!

 

人が「損失」に関して強い拒絶を感じるのは有名な話。1000円得って言うよりも、1000円損と言ったが買ってもらいやすくなるんですな。当ブログでも昔書いた事がありました。

研究者いわく、

この研究データによると、不安によって行動できないのは損失自体への嫌悪よりも、リスクを取ることへの嫌悪が原因である事を示唆している。

グラフで見るとこんな感じ↓

怖くてなかなか決断できない人は「リスク」に怯えているのかも。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①決断への恐怖には2週類ある。

  • 損失・・・今あるものを失うのが怖い
  • リスク・・・将来起こりうる危険や問題

 

②普通の人は「損失」が決断の足を引っ張るので、将来得られるものに注目すると決断が下せるようになる。

Ex:「退職したらストレスから解放されるし、むしろ今よりも働きやすい職場を見つけられる!」

 

③心配性の人は、「リスク」が決断の足を引っ張るので、準備や対策を入念に行い、失敗してもいいようにしておこう。

[/box03]

私は不安を感じやすいタイプの人間なので、リスクマネジメントに力を入れてますね。

ブログで言うと、「急な予定とかでブログの毎日投稿が途切れたらどうしよう…」ってのが心配の種ですから、常に一週間分のストックを確保するようにしています(笑)

ビッグ・ファイブで言うと、神経症的傾向が高い人なので、一度自分の性格を調べてみて、決断しやすくなるアプローチをとってみてください。

 

って事で、なかなか決断できない人ほど将来のリスクに怯えているのかも!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Caroline J. Charpentiera, Jessica Aylwarda, Jonathan P. Roisera and Oliver J. Robinson(2016).Enhanced Risk Aversion, But Not Loss Aversion, in Unmedicated Pathological Anxiety.

Summer photo created by yanalya – www.freepik.com


adult-businessman-ceo-1138903-min-1280x854.jpg

2019年5月18日

「キャリアで成功しやすい人の誕生日」って研究が面白かったのでご紹介。

これはブリティッシュコロンビア大学の研究で、500人のCEOと誕生日を調べたもの。

そしたら、CEOになりやすい誕生月が判明したそうな。

CEOに多かった誕生月は、

  • 3月・・・12.53%
  • 4月・・・10.67%

一方、CEOに少ない誕生月は、

  • 6月・・・6.13%
  • 7月・・・5.87%

約2倍差があったとの事。うーん、不思議。

なぜ6・7月生まれにはCEOが少ないの?

  • アメリカでは新学期が9月スタートだから!

です。研究者いわく、

同じ学年内の年長の子どもは、知性の発達が遅れてる最年少の子どもよりも学校生活が上手くいく傾向にあるのだろう。

さらに、

初期の優秀さは、教師からの好ましい評価に繋がり、それがその子にポジティブな影響を及ぼす。

早生まれはピグマリオン効果の恩恵を受けやすいんだ、と。

一方遅生まれは早生まれに比べて少しだけ知性が劣るため、できないレッテルを張られやすいのかも。

これを日本版にすると、9月、10月生まれがいいって事になりますな。

まとめ

とは言え、人生の成功には他の要素もありますから、生まれた月だけで全てが決まるわけではないでしょう。

あとは環境にも左右されるので、後からどうにでもなります。

教師なら遅生まれの子は勉強が苦手になりやすいって傾向だけおさえておくといいかもですねー。

 

って事で、早生まれはキャリアで成功しやすいかも!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Qianqian Du,Huasheng Gao and Maurice D.Levi(2012).The relative-age effect and career success: Evidence from corporate CEOs


success-3195027_1920-min-1280x640.jpg

2019年5月10日

「学術的成功に必要なのはコレだ!」って研究が発表されておりましのでご紹介。

これは、サンタフェ研究所から出た論文で、2653人の博士号取得を対象に、「学術的に成功している人の特徴って何なの?」ってのを調べたんですな。

学術的成功をどう測るかは自分の論文が引用された回数でカウントしております。学者の世界では自分の論文が引用される事こそ名誉とされてますからね。

で、早速結論を引用しますと、

私たちの分析によると、あなたが訓練した場所はあなたの将来の生産性に直接影響を与えていなかった。

どうやら、名門大学で学ぼうとも将来学術的に成功するかはそこまで関係なかったそうな。意外っすね。名門学校で学べば成功しやすそうに思えますが。

なら、何が将来の成功を左右していたかと言うと、

  • 今働いている場所

だったそうなんですよ。

例えば、コロラド州立大学で訓練を受けた人とMITで学んだ人がスタンフォード大学に赴任した場合、生産性は同じになるでしょう。

キャリアの成果は働く場所に左右されるんだ、と。なるほど。いわゆる、ピアプレッシャー効果ですね。

じゃあ学歴が全く関係ないのかと言えば、無関係という事もないそうな。

ある側面では、名門博士課程で学んだことがいくばくかのメリットになりうる。

まぁ、それなりに利益はあるそうなんですが(コネとか)、長期的に見ると学術的成功とはあまり関係ないんだと。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①もし学校で良い成績を残せなかった。または、良い先生と出会えなくても、職場が良ければ巻き返す事ができる。

 

②能力を手っ取り早く伸ばしたければ優秀な人が集まる環境に飛び込むべし!

 

③学校での成功と社会での成功は関係性が薄いのかもしれない。どんな環境に身置くかでキャリアの成功が決まる。

[/box03]

 

成功者が「学校で学んだ事なんて役に立たない!」と言うのもあながち間違いではないのかもですね。

まぁ、でも良いところで働くにはそれなりの能力が求められますから、勉強はしておいて無駄になる事はないと思いますが……職についたら忘れてもいいかも。

 

って事で、キャリアの成功は働く場所で決まる!って話でしたー。

 

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Samuel F. Way, Allison C. Morgan, Daniel B. Larremore and Aaron Clauset(2019).Productivity, prominence, and the effects of academic environment


football-2853612_1920-min-1280x853.jpg

2019年4月26日

「子どもの将来なりたい職業ランキングにYouTuberがラインクイン!」ってなニュースが注目されますが、不動の1位と言えばやはり、スポーツ選手。

オリンピックやワールドカップを見ると、「うちの子も世界で活躍できるようなスポーツ選手にしてあげたい!」と強く感じる親御さんも沢山いらっしゃいましょう。

最近見た研究では、「スポーツで成功したいなら、1つのスポーツに打ち込むな!」という結果になっていて面白かったです。

小さい頃にはいろんなスポーツを経験しろ!

こちら、ペンシルベニア州立大学の研究でして、91人のプロアイスホッケー選手を分析したものになります。

何を調べたのかと言いますと、

  • アイスホッケーを始めた年齢
  • アイスホッケーに特化し始めた時期

 

オリンピックで金メダルを取った選手のヒストリーなんか見てると、

  • 1歳から卓球のラケットを握らせていた!
  • 5歳から毎日スケート場で練習していた!

なんてエピソードをよく聞くので、幼い頃から特定の分野に絞って練習させた方がいいのかなーと思いますよね。

実はそうでもなかったみたいで、

  • アイスホッケーを始めた年齢は平均で4.5歳
  • 特化しだしたのは14.3歳からだった!

 

やっぱり、プロになれた人達は早期にスポーツを始めておりました。ただ、「この道一本!」と決めて練習し始めたのは、中学生になってからだったんだと。

だいたい、14.3歳になるまでに2〜4つのスポーツを経験していたらしい。

確かに、フィギュアスケートで結果を残している羽生結弦さんや浅田真央さんなんかは、スケートだけではなくバレエも習っていましたからね。

この結果には納得であります。研究者いわく、

たくさんのスポーツをすることで多くのスキルを習得できる。

これは後に、1つのスポーツに特化したときに役立つ。

1つのスポーツだけを練習していると、柔軟性が落ちちゃうみたい。

そういえば、ハンマー投げの神として有名な室伏広治さんも、いろんなスポーツの練習を取り入れてたなー。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①プロスポーツ選手になっている人は、4、5歳でスポーツを始めている。スポーツは早期に始めておいて損はないだろう。

 

②ただし、14歳前後までに2〜4つのスポーツを経験していた。

中学生になるまではいろんなスポーツを経験してもらい、多様なスキルの習得と筋肉の柔軟性を高めてもらおう!

 

③異分野のトレーニングを取り入れるとパフォーマンスが上がるかも!

[/box03]

 

頭脳系の話だと、いろんな分野の知識に触れるといいよーなんて事を言ってたんですけど、スポーツでも同じだったんですね。

 

いろんな事に手を出すと中途半端に終わりがちですけど、軸が決まっていている状態ならメリットが大きいかと思われます。

 

って事で、14歳になるまではいろんなスポーツを経験しろ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Sarah Black, Kevin Black, Aman Dhawan, Cayce Onks, Peter Seidenberg and Matthew Silvis(2018).Pediatric Sports Specialization in Elite Ice Hockey Players.


405831-PDDWCZ-67-min-e1555075134526-1280x854.jpg

2019年4月13日

仕事を選ぶ際に、適性診断をやったって人もいるのではないでしょうか。

人材派遣の大手マイナビさんでも、「適職診断MATCH」なる分析サービスがあったりしますし。

根底にあるのは、自分の性格に合った仕事に就けば、上手くやっていけるよ!って理論でしょう。

今回は、「それってどこまで本当なの?」・「本当だとしたら、適性のある仕事に就くとどれだけメリットがあるの?」みたいな事を考えてみようかと思います。

性格と仕事

参考にしたいのが、心理学について研究している組織APSから出た研究。

この研究では、平均年収416万円の男女8458人の性格と仕事の成果を調べたんですな。

性格診断は、「ビッグファイブ」を元に計測。ビッグファイブとは、5つの項目で人の性格を測る最も信頼のあるテスト。詳しくはこちらから↓

自分のビッグファイブを知りたいよ!って方はこちらへどうぞ↓

 

で、どんな結果だったかと言いますと、

  • 外向性・開放性・協調性がマッチしていると高収入な傾向にあった!

 

自分のビッグファイブがどの程度なのかは上のリンクから確かめてもらうとして。

仕事で成功したいのであれば、

  1. いろんな人と関わって仕事をしたいのか、そらとも一人で黙々とやりたいか?(外向性)
  2. 自分の好奇心を満たしてくれる仕事なのか?(開放性)
  3. 人助けをしたいのか、自己実現を優先したいのか?(協調性)

 

この3つの観点にマッチしているほどいいって事です。

ただ、実際に自分の性格とマッチした仕事に就けている人は二人に一人くらいでした。

具体的には、

  • 自分の開放性にあった仕事に就けていた人は58%
  • 外向性は78%
  • 協調性は44%
  • 誠実性は46%
  • 神経症的傾向は36%

 

このデータを見ると、仕事の満足度を下げているのは、

  1. 周りに合わせなければならない為、自分の目標が実現できない(協調性の不一致)
  2. 規則を守って不正のないクリーンな仕事がしたいのに、不正行為が横行してる(誠実性の不一致)
  3. 不安や緊張を感じやすいのに、常にプレッシャーにさらされている(神経症的傾向の不一致)

 

ですかねー。この3つは仕事選びの際に気付きにくいですから、ミスマッチが起きやすいのかも。

性格に合った仕事に就けばどれだけプラスなの?

  • 外向性が一致していると、年収は約28万円プラスになる
  • 協調性が一致していると、約50万円プラス
  • 誠実性が一致していると、約1万7000円マイナス
  • 神経症的傾向は一致していようが年収は変わらない
  • 開放性が一致していると、約41万円プラス

 

お金が欲しければ、自分の協調性と開放性にマッチした仕事に就け!って事になりますね。

誠実性の一致がマイナスになってる原因はよくわかりませんが、マニュアル通りになりすぎてむしろ上手くいかないのかもですな。

これは年収が400万弱の人達のデータですから、年収が多ければ、性格の一致によるプラス効果はもっと大きくなる可能性があります。

まとめ

性格と仕事の関係についてざっと見てきました。

いろんなところで適性診断が行われていますが、なんの理論を元にしているかわかんないので、これがオススメ!とまで言い切れませんが……

とりあえず、ビッグファイブは測っておいて損はないかなーと思います。

最後に軽くまとめておくと、仕事の満足度を上げたいなら、

  • 自分の協調性と誠実性と神経症的傾向の高さとマッチした仕事に就く

年収を上げたいなら、

  • 協調性と開放性の高さとマッチした仕事に就く

ですね。

 

って事で、性格とマッチした仕事に就けば年収は高くなるよ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Jaap J. A. Denissen, Wiebke Bleidorn, Marie Hennecke, Maike Luhmann, Ulrich Orth, Jule Specht and Julia Zimmermann(2017).Uncovering the Power of Personality to Shape Income

Business vector created by freepik – www.freepik.com


21021-min-e1552715873738-1-1280x889.jpg

2019年3月22日

ワーク・ライフ・バランスが提唱されて久しいです。

最近では「働き方改革」と名を変え、社会人の注目の的。

最適なバランスは人によって違うものの、2018年の研究が、労働時間と精神的健康レベルをグラフ化してていい感じでした。

今回紹介する研究では、日本のインターネット会社に登録した1967人を対象に(平均年齢45.3歳)、仕事への関与度(与えられた仕事はこなす、とか)を6点満点で答えてもらったんだと。

そして、不安・疲労・うつレベルも6点満点で採点してもらったそうな。

そしたら、こんな感じのグラフになったそうで↓

関与度が低いとメンタル面に良くない影響があり、ある程度やりがいが出てくると、ポジティブな影響か確認されたんだと。

当然のごとく、仕事のし過ぎはメンタル面に良くない模様。

お次は仕事のパフォーマンスと関与度をグラフ化したもの↓

難しい仕事を経験するほど、仕事ができる人になってますな。まぁ、これは当たり前ですが…

まとめ

正直研究デザインも甘い印象があり、これが正しいって訳ではないですが、他の研究を見てる感じだと大体この結果に落ち着くかなーと思います。

この研究から言える事といえば、

  • 仕事をしないのは逆にメンタルによくない
  • 頑張ればこなせるレベルの仕事ならメンタルにいい
  • ただし、それだと仕事の上達スピードが遅れてしまう(トレードオフ)
  • 精神的健康をとるか、仕事の上達をとるかを決めておこう。

って感じかと。「新米だから一刻も早く仕事のデキる人になりたい!」って方は、多少のオーバーワークを覚悟しつつ、ストレスケアを怠らないようにするのがベターかと。

ストレスケアに関しては以下の記事が参考になりそうなので、あわせてお読みください。

 

個人的な「働き方改革」としては、

  1. 初めはスキルの獲得の為に多少労働時間が長くても頑張る
  2. すると、仕事を任されるようになる(コントロール感の獲得)
  3. 大きな仕事をこなしていくと成長していく(成長感の獲得)
  4. 仕事が好きになる
  5. 仕事が好きになってきたあたりでストレスのかかり過ぎない仕事の関与度に調整する

てのが今のところベストかなーと考えてます。

ちなみに、コントロール感と成長感は、仕事を好きになる為に欠かせない要素でして、詳しくは下のリンクからどうぞ。

 

このようにトントンとはいきませんが、すぐに仕事を辞めるのはもったいないよーって事でひとつ。

 

って事で、ワーク・ライフ・バランスのお話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Akihito Shimazu , Wilmar B. Schaufeli, Kazumi Kubota, Kazuhiro Watanabe, Norito Kawakami(2018).Is too much work engagement detrimental? Linear or curvilinear effects on mental health and job performance

Business photo created by rawpixel.com – www.freepik.com


OGMQXH0-min-1280x827.jpg

2019年3月20日

高齢者を除くと、ネットの利用率は約90%を超えています。

引用:第1部 特集 人口減少時代のICTによる持続的成長

 

そうなると求められてくるのが、ネットリテラシー。流れてくる情報を鵜呑みにせず、批判的に捉えて判断していく能力が必要不可欠になってきます。

オハイオ大学から出た新しい研究は、フェイクニュースに惑わされない人の特徴について調べていて、なかなか参考になりました。

偽の情報を信じないために

396人の実験参加者に、

  • 自身のインターネットスキル
  • 自尊心のレベル
  • インターネットにある情報をどれだけ信じているか
  • インターネットで得た情報をどれくらいの頻度でシェアするか

を尋ねたそうな。いわゆる、ネットリテラシーを測定したわけですね。

で、どんなことが判明したかといいますと、

  • 年齢・性別・社会階級はネットリテラシーと関係なかった
  • 嘘の情報に惑わされる人はすぐに情報をシェアしていた!

 

子どもだからといってネットリテラシーが低いって事はないんだ、と。

むしろ、情報のシェアスピードが速い人ほどフェイクニュースに騙されやすいんですね。

研究者いわく、

情報リテラシーが現代社会において重要な役割である事は疑う余地はありません。

我々の研究によると、新しい情報をグーグルして、すぐに共有しないといった検証スキルが誤った情報の拡散を阻止するのに有益であることが判明した。

他にも、「ネットの情報は信頼できる!」と考えていた人ほど情報のシェア率が高かったらしい。

Twitterでリツイートばっかりしてる人とかって、もしかしらリテラシーが低いのかも…?

よく考えてのリツイートならまだしも、すぐに反応するのは差し控えたほうが良さそうっすね。うーん、気をつけよう。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①ネットリテラシーを身につけてもらうには、「情報の検証スキル」が重要。

 

②流れてきた情報を最低3つのソースから確認する癖があると望ましい。

 

③情報をすぐに共有する人はネットリテラシーが低い傾向にあるので、速報は必ず疑うのが吉。

[/box03]

 

リツイートするのがダメって訳ではなくて、すぐにリツイートするのは良くないって話なので悪しからず。

私も最新の文献を読む時には心がけたいものです。

 

って事で、ネットリテラシーを身につける為にも、すぐにリツイートするな!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

M. Laeeq Khan & Ika Karlina Idris(2019).Recognise misinformation and verify before sharing: a reasoned action and information literacy perspective

Business photo created by jannoon028 – www.freepik.com


3911-min-1280x854.jpg

2019年3月5日

幼少期で将来の成功が予測できる」なんて話もあったりするんですな。

一概には言えないものの、ある程度の相関は見られてるんですよね。

そんな状況下で、カーネギーメロン大学らからもう少し踏み込んだ研究が出てました。

幼少期のアレが30年後の年収と関係していた!

この研究では、1984年の時点で6歳だった男の子920人を30年間観察したんですな。

  1. 集中力:1つの事に集中できるか
  2. 多動性:常に動き回っているか
  3. 攻撃性:他人に暴力を振るうか
  4. 反抗度:他人を非難するか
  5. 社会性:人を助けるか・喧嘩の仲介に入るかとか

この5つ項目のスコアと将来の年収を比べてみたんだと。

で、結果はこんな感じになりまして、

  • 30年後の低収入と関連していたのは、集中力の低さだった!
  • 社会性の高さは将来の高収入と相関があった!

 

研究者いわく、

多動、反抗、攻撃性はそれぞれが独立していて、将来の収入とは関連していなかった。

グラフにするとこんな感じ↓

パッとみると「多動とか反抗レベルが高くなると年収下がってるじゃん!」と思うでしょうが、集中力と社会性を考慮に入れると、その差はなくなってしまうんだとのこと。

つまり、攻撃的でも、集中力があれば成功するし、多動性が高くても社会性が高ければ問題ないんだ、と。

集中力の低さや、社会性の低さに関しては、幼少期から観察していく必要があるだろう。

そうする事で、早期の介入と支援ができる。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①見るべきは「集中力」と「社会性」

 

②集中力がなければ、集中力を鍛えるトレーニングをしてみよう。

 

③「人に優しく」は教育の必須項目。他人を助けてあげられるような子に育てるのを目標にしよう。

[/box03]

 

集中力に関しては、親の行動も重要なので、以下の記事も参考になるかと思います。

社会性に関しては、

家庭のルールを「どんな事をしてもいいから、困った人を見かけたら助けなさい!」ってルールにしたりとかが有効かなーと思います。

 

って事で、幼少期の集中力と社会性は将来の収入を左右するぞ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Francis Vergunst, Richard E. Tremblay, Daniel Nagin, Yann Algan, Elizabeth Beasley,Jungwee Park, Cedric Galera, Frank Vitaro, Sylvana M. Côté(2019).Association of Behavior in Boys From Low Socioeconomic Neighborhoods With Employment Earnings in Adulthood

School photo created by jcomp – www.freepik.com


418351-PDIB4J-942-min-e1549781169178-1280x920.jpg

2019年2月17日

「恋愛で上手くいくかどうかは10代の友人で決まる!」という研究が面白かったのでメモ。

恋愛スキルの磨き方

これはバージニア大学とジェームズマディソン大学の研究で、13歳の男女165人に3年毎にインタビューを行い、30歳まで追跡調査したものです。

どんな事を聞いたのかと言いますと、

  • 理想のパートナー
  • 理想の関係
  • 既にパートナーがいる人には、今の関係に満足しているかどうか

などなど。いわゆる恋愛関係で上手くやれる能力があるのかを調べたわけっすね。

で、どんな事がわかったのかと言いますとね、

  • 13歳の時点で友人関係が良好だと将来パートナーへの満足度が高い!

どうやら、言いたい事が言い合える仲であったり、とにかく仲のいい友達がいれば、将来自分にあったパートナーを見つけやすいんだ、と。

さらに、

  • 15歳から16歳の間で「親友」を見つけられていた子は、将来の恋愛レベルが最も高い!

との事も判明。恋愛レベルってざっくりした定義ですけど、いわゆる、

  • パートナーの意図をくみ取った行動が出来る
  • パートナーと良好な関係を維持しやすい
  • 浮気しない

とかの事をひっくるめて指しております。恋愛の戦闘力みたいなもんですね。

さらにさらに、

  • 10代の頃いくら恋愛経験を積もうと将来の恋愛レベルには関係ない!

 

という衝撃の事実も判明しました。あくまで友人との関係性が重要なんだと。

とすると、「え、おかしくない?」と思う事でしょう。普通に考えて、早くから異性とイチャコラしてれば、恋愛上手になりそうなもんですからね。

が、この研究では、それは相関関係であって、因果関係ではない!って事が判明したそうなんですな。

どういう事かと言うと、

  • 早くから異性と付き合う→将来の恋愛関係が上手くいく

のではなくて、

  1. 早くから異性と付き合うような子は社会性が高くて人間関係を上手くとりもつ事が出来る。
  2. 社会性の高さは10代の頃の友人関係の質に左右される
  3. よって、社会性が高ければ将来恋愛関係で上手くいく

 

って事なんだと。別に中・高で彼氏彼女がいなくても問題無いって事です。

研究者いわく、

思春期の恋愛関係は一瞬のうちで終わる可能性が非常に高いため、10代が将来必要とする対人スキルを磨くのに不十分なのだろう。

確かに学生のカップルってすぐに別れますもんね(笑)

だから記念日とか小刻みがち。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①将来自分に合ったパートナーを見つけるためにも、学生時代は友達との関係を大切にしよう!

 

②レクリエーションとか修学旅行といったイベントは友達との仲を深める。

って事は将来の離婚率を下げる事につながっている!

 

③自分の子に彼氏彼女ができなくても、友達と上手くやっているのであれば心配は無用。

[/box03]

 

幼少期でも友達との関係が重要視されていましたもんね。

やっぱ友達は大切にしていかなければなりませんなー。

 

って事で、中高生は友達を大切にしておけば将来ステキなパートナーに巡り会えるぞ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Joseph P. Allen Rachel K. Narr Jessica Kansky & David E. Szwedo(2019).Adolescent Peer Relationship Qualities as Predictors of Long‐Term Romantic Life Satisfaction

Wedding vector created by freepik – www.freepik.com


4999-min-1280x730.jpg

2019年2月2日

お金は誰しもが欲しいと望むものではないでしょうか。

かく言う私もお金は欲しいです。

では、何円あれば人は満足し、幸せになれるのでしょうか?

年収が何円になれば幸せになるのか?

165ヶ国の15歳以上の成人170万人に、「何を買ったのか?」を調査し、幸福度と人生の満足度との関連性を調べました。データ量が多くてよろしですなぁ。

その結果、年収のスウィートスポットが判明いたしまして、

  • 食べたいものを食べるには、年収9万5千ドル必要(日本円にして年収1004万)
  • 感情的な幸福度を得るには年収6万ドル〜7万5千ドルあれば十分(日本円にして660万円〜820万円

 

ちなみに、これは私達個人が望むものを食べたり、買ったりするのに必要なお金でして、家族全員を幸せにするにはもう少し必要になってくるでしょう。

さらに、年収が上記の基準を超えていくにつれて、満足度が逆に低下していく傾向があるそうな。

そのため、年収が増えたら、お金の使い方を変えていかなければお金で不幸になってしまう恐れがあるんですな。

オススメは、人のためにお金を使う事です。

友人にプレゼントをあげたり、寄付したりするのが手軽でよろしいかと思います。

まとめ

年収1000万でも、税金で諸々引かれてしまうので、2000万円くらい稼がないとダメかもしれませんね。

玉の輿に乗りたい方は、年収が4000万円くらいの人を見つける事が出来れば、遊んで暮らせますので、そこのラインを狙ってみてはいかがでしょうか。

とは言え、年収1000万って上位3%の人なんで、たどり着くだけでも難しいかも…(笑)

 

って事で、お金で幸せになれるのは手取り1000万!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Andrew T. Jebb, Louis Tay, Ed Diener and Shigehiro Oishi(2018).Happiness, income satiation and turning points around the world

Background photo created by jcomp – www.freepik.com



当ブログの運営者:エイジ

年間3600本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote