タグ: 集中力

10112-min-1280x853.jpg

2019年6月11日

「人生の成功には集中力が超大事!」って話をしたことがありましてね。集中力の高い子は将来年収が高かったんですな。

なので、当ブログでも集中力を伸ばす方法をいくつか取り上げたりしてました。

そんな中、最近ワシントン大学から出た研究では、「将来の集中力を奪う幼児期の経験」って内容で参考になりました。

子どもの集中力を奪う「コルチゾール」という存在

今回ご紹介する研究では、3〜5歳の子ども306人の人種・民族・社会的地位・家庭の所得・生活スタイルなどを調べ、2年ごとに実行機能を測ったそうな。

実行機能とは、ざっくり言えば日常生活を上手くこなすスキルみたいなもの。

この研究だと、

  • 人の指示に従って正しく行動できるかどうか
  • 注意(集中力)を一つに向け続けられるか
  • 我慢できるか

などで実行機能を調べていました。で、まず結論から申し上げますと、

  • 慢性的なストレスを感じていた子は、実行機能が低かった!

 

唾液から子ども達のコルチゾール(ストレスホルモン)の分泌量を調べたところ、実行機能の低い子は、一般的な子に比べて慢性的にストレスレベルが高い状態だったんですよ。

実は、コルチゾールって普通の人でもよく分泌されるんですな。例えば、朝起きる時。

睡眠というリラックスした状態から目を覚まさせる為には、身体に少しのストレスをかけてあげる必要があります。

あとは集中力を発揮する時にも分泌されます。集中するとは言わば、「注意を向けなければならい異常事態」なので、コルチゾールが沢山分泌されるんですな。

このように、ちょっとしたコルチゾールは、日常生活を送る上で上手く機能してくれますが、これがずっと分泌されてしまうと厄介なことに。

慢性的にコルチゾールが分泌され、常に身体が緊張状態になってしまっていると、

  • 身体の免疫システムがおかしくなって病気になりやすくなる
  • 常にストレスにさらされているので、脳が常にヘトヘト状態。いざという時に集中力を発揮できない

という問題を引き起こしてしまうんですな。いやー、恐ろしい…

子どもの集中力を奪うヤバイ経験とは?

慢性的なストレスにさらされていた子達の特徴は明らかで、

  • 逆境が多いこと

ここで言う「逆境」とは、

  • しつけと称した暴力
  • 頻繁な引っ越し
  • 家庭が貧しく、空腹の時間が長い
  • 親の離婚

が一般的でした。当ブログでも、「体罰は子どもの頭を悪くする」とか、「引っ越しは子どもに悪影響」・「離婚も子どもの学力を下げちゃう」といった話をした事がありました。

これら全て「慢性的なストレス」が原因だったんですね。

だからと言って、「過保護に育てろ」という訳ではない

ここまで読んで頂ければ、「できるだけ子どもにストレスを感じさせないようにしなければ!」と思われるでしょう。

それは正しいです。現に、「ストレス対策をすると成績が上がる!」という研究結果もありますからね。

ただ、ストレスを完全に無くすのも問題。

ここで質問ですが、あなたは過保護に育てられた子にどんなイメージを持ってます?

「ワガママ」という言葉が一瞬頭に浮かんだのではないかと。

これは、子どもから全てのストレスを取り去ってしまったが故に、ストレス耐性が低く、障害に直面した際に、耐え抜いて解決するという忍耐力が乏しくなってしまうからなんですな。

なので、全てのストレスを取り去るのは逆効果。ストレスと非ストレスのバランスが重要です。

今ここでストレスの最適なバランスについては申し上げられませんが、

  • 学校や習い事で生じた課題はできるだけ自分で解決させる
  • 手助けをしてもいいが、1から10までサポートしない
  • 家庭では安心できる環境を作る

を心掛けて頂ければと思います。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①食べられない・両方の仲が悪い・頻繁な引っ越しなどといった、ストレスを慢性的に感じていると、その子の集中力が低くなってしまう。

 

②だからと言って、ストレスを完全に無くしてしまうと、我慢ができず、自立できない子になる可能性がある。

 

③外では挑戦させ、家庭では安らげる環境を子どもに提供しよう。

[/box03]

子どもの問題行動って煎じ詰めれば、慢性的なストレスかストレスから無縁の生活を送りすぎている事なのかも。

 

って事で、毎日ストレスを感じる生活をしていると基本的な能力が下がってしまうよ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Liliana J. Lengua , Stephanie F. Thompson , Lyndsey R. Moran , Maureen Zalewski , Erika J. Ruberry , Melanie R. Klein and Cara J. Kiff(2019).Pathways from early adversity to later adjustment: Tests of the additive and bidirectional effects of executive control and diurnal cortisol in early childhood.

School photo created by jcomp – www.freepik.com


523485-PIUY0K-199-min-1-1280x853.jpg

2019年4月28日

子どもにスマホを渡しておく、という育児が増えているみたいで。

育児だけに時間を使えるならまだしも、基本的にはそうもいかないので、ついついスマホのゲームをさせておきたくなりますよね。

ただ、ちょっと懸念すべき問題がありまして…

ゲーム中の広告が遊びを妨げる

多くのアプリは子どものプレイ経験よりも、お金を稼ぐことに重点を置いているようです。

ミシガン大学の研究者は、ゲームの途中に挟まれる広告が子どもに良くない影響があるのでは?と考えて、教育系のアプリを135個レビューしたそうな。そしたら、

  • 無料アプリには100%広告が入っていた(当たり前っすな)
  • 無料アプリ3分の1には、ゲームを中断して広告が流れるタイプ(10秒は待たないといけないやつ)
  • 有料アプリの3分の1は、アプリ内課金を定期的に促していた」

 

低所得世帯の子供たちは、気を散らすような説得力のある広告でいっぱいの無料アプリをプレイする可能性が高い。

広告が挟まれると集中が途切れますから、遊びとしては好ましくないんですな。

あと、課金要素がちらつくと、「お金の無さ」が頭を占領してしまい、日々の生活に支障をきたす可能性があるんだと。

確かに、お金がないと感じると成績が下がるって研究がありましたから、あり得そうな話です。

 

しかも、

  • 8歳未満の子どもは広告と広告以外を見分けられない!

 

って事も判明したんだと。

デジタル広告はよりパーソナライズされ表示されている。子ども達はそれがゲームの一部にすぎないと思うかもしれません。

ゲーム内に表示される関係のない広告をゲームの一部だと思ってクリックしていしまう可能性があるって事ですな。

こりゃ、いろんなトラブルの原因になりそう…

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①スマホゲーム内に表示される広告は、遊びに集中するのを妨げていまう。結果、集中力が落ちてしまう可能性がある。

 

②有料アプリでさえアプリ内課金が定期的に挟み込まれている。

 

③8歳未満の子どもは広告とそれ以外を区別できない。

[/box03]

 

スマホゲームは広告がネックだそうで。

教育系のアプリも広告が無いか?を確認しておくのが必要っすね。

だとすると、やっぱりゲームはスマホではなく、ソフトをハードに読み込ませるタイプがよろしいかと。

Switchは携帯ゲーム機にもなりますから、優秀な気がする。

 

って事で、スマホでゲームをさせるにしても、広告には気をつけてね!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Marisa Meyer,Victoria Adkins,Nalingna Yuan,Heidi Weeks,Yung-Ju Chang and Jenny Radesky(2019).Advertising in Young Children’s Apps: A Content Analysis.

Technology photo created by freepik – www.freepik.com


16264-min-1280x897.jpg

2019年4月13日

当ブログは「自然」を推しメンにしておりまして、メリットを沢山書いております。

なにせ、自然の中に行けば、

 

と言ったメリットが得られますから、教育ブログとして無視しないわけにはいきません。

ただ、「自然がいいのはわかったけど、どのくらいの時間いればいいの?」って話はあんまり書いてなかったんですな。

現に、いくつかそのような質問も頂いていました。そんな訳で、今回はその辺の話をしていこうかと思います。

どれくらい自然の中にいればいいの?

参考にしたいのがミシガン大学から出た論文です。

この研究は、「どれだけ自然の中にいればいいの?」って疑問からスタートしております。そのため、他の研究よりも時間に重点を置いたナイスな研究なんですな。

36人の成人(平均年齢45.8歳)を対象に、8週間自然の中に身を置いてもらい、コルチゾール(ストレスホルモンの一種)の変化を調べたんだと。

すると、時間当たりのストレス低下率が判明しまして、結果は以下の通り。

  • 7分から14分・・・ストレスが8.3%減る
  • 15分から20分・・・3.7%減る
  • 21分から30分・・・18.5%減る
  • 31分から1時間・・・11.4%減る
  • これ以上は毎時間11.4%の減り続けていく

 

ほー。こりゃなかなか使えるデータっすな。

自然からの恩恵を効率的に受けたいのであれば、21分から30分自然の中に身を置けばいいですし。

時間がない!って方は10分でもいいので近くの公園に立ち寄ると良さげ。

ついでに軽い運動をするといいよ!

自然の中に身を置いても、ストレスマーカーであるアミラーゼの減少は1時間当たり4%と小さかった。

しかし、少しの運動をすると、アミラーゼが1時間あたり28%も低下していた。

自然の中にいるだけでもいろんな恩恵が受けらるんですが、散歩から早歩き程度の軽い運動をするとさらに恩恵が得られるんだ、と。

座りっぱなしも健康に良くないですし、とりあえず歩いといて損はないっすな。

 

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①自然の恩恵を効率的に受けたいのであれば、21分から30分は自然の中に身を置こう!

 

②ついでに少しでも体を動かしておくと、なお良し。

 

③自然効果の頭打ちは確認されていないらしいので、めちゃくちゃストレスが溜まっている人は何時間も自然の中で過ごしてみよう。

休日にキャンプはかなりオススメ!

[/box03]

 

  • 自然の中で(公園でも可)、歩きながら勉強する

 

もう、これが最強の勉強法じゃないでしょうか?(笑)

学校教育でも上手く自然を取り入れる事が出来るといいんですけどねー。

とりあえず、自然の写真を貼ってみたり、観葉植物を置いたりして代用していきたいところですな。

 

そろそろ、気温もあったかくなってきましたし、外に大量の本と文献を持ってブログを書きのために近くの公園にくり出してみようかしら。

 

って事で、30分を目安に自然の中で過ごしてみよう!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

MaryCarol R. Hunter, Brenda W. Gillespie2 and Sophie Yu-Pu Chen(2019).Urban Nature Experiences Reduce Stress in the Context of Daily Life Based on Salivary Biomarkers

Background photo created by rawpixel.com – www.freepik.com


613499-PNJAJ8-823-min-1280x853.jpg

2019年4月9日

当ブログでは頻繁に「集中力って大事よねー」って話をしております。

ここが高ければ年収も上がりますし、学習スピードも速くなるので、いい事だらけですから(ただし、創造性は落ちる)。

最近見た研究によると、「楽器を習うと集中力がアップするよ!」となっていて、なかなか面白かったです。

楽器を習うと集中力アップ!

これは、チリ大学の研究で、19人のプロミュージシャンと19人の非ミュージシャンを集め、集中力を測る課題に挑戦してもらったんだと。

非ミュージシャンは音楽レッスンを一度も受けた事がない人を集めていますので、シンプルに楽器を弾けるかどうかで集中力の違いを調べております。

で、どんな結果になったかというと、

  • 課題をこなす精度に差はなかった
  • しかし、ミュージシャンの方が反応スピードが速かった!

具体的にはこんな感じ↓

ミリ秒単位ですけど、ミュージシャンの方が速いっすね。他にも、

  • ミュージシャンは注意力の抑制能力が約1.5倍高かった!(つまり、気がそれにくい。または、それてもすぐに元に戻せる)
  • 楽器による集中力アップ効果は年齢を問わず見られた!

 

基本的に、年齢を重ねるほど集中力は落ちていくんですけど、楽器をやっていればある程度高い状態を維持できるんだ、と。

へー。弾ける楽器が一つもない私は涙目です…(笑)

研究者いわく、

音楽トレーニングと注意力の向上との関係に関する私達の調査結果は、臨床や教育の分野で、解釈され、取り組むべきである。

(例えば、ADHDの子の能力強化とか)

音楽に力を入れれば、集中力のない子を鍛えられるよねーとな。音楽の授業は楽器中心にした方が良さそうっすね。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①楽器を日常的に弾いている人は集中力が高い傾向にあるので、習い事としてはオススメ。

 

②音楽の授業では、出来るだけ楽器の練習時間を設けよう。

 

③楽器に触れていると、歳を取っても高い集中力が維持できるかも。趣味で楽器はあり!

[/box03]

 

まぁ、集中力をアップさせるだけなら自然の中で授業した方がいいんですけどね。

[box06 title=”あわせて読みたい”]【結論】勉強するのに最適な場所が判明[/box06]

楽器にもそれなりにポジティブな効果があるそうなんで、触っておくとよさそう。

 

って事で、楽器を練習するほど集中力が高くなるよ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

David Medina and Paulo Barraza(2019).Efficiency of attentional networks in musicians and non-musicians

Watercolor photo created by freepik – www.freepik.com


153354-OU5UBJ-367-min-e1552477793155-1280x682.jpg

2019年3月20日

昔、「自然の中で勉強すると集中力が2倍になるよ!」てな研究を紹介した事がありました。

自然はストレスを減らしてくれたりメンタルを整えてくれる作用が確認されていたんですけども、「子ども達の学習を促進するのでは?」とも言われていたんですな。

そんな状況下で、イリノイ大学らが過去の研究を分析したレビュー論文を出しておりました。

自然の中で勉強すると勉強は捗るのか?

まず、自然が学習に与える影響の因果関係を表した図がこちら↓

これを踏まえて、細かく見ていきましょっ。

自然にはどんな効果があるの?

  • なんといっても学習の促進効果がある

自然の中で勉強すると好奇心かアップし、ルールも守るようになるんだとか。

 

  • 集中力もアップする

これは以前紹介した研究でも言われていた事ですな。どうやら自然の中で勉強すると集中力のない子ですら集中して先生の話を聞くようになったりするんですって。

 

  • ストレスは確実に減らす

これも以前紹介したメタ分析と一致してます。ある程度のストレス(負荷)は学習を促進させますが、ストレスレベルが高すぎると勉強が嫌になってしまいます。が、自然はストレスレベルを最適に調整してくれるため、勉強をやり抜く事が出来るんですな。

 

  • やる気もアップ!

勉強にやる気のない子ほど自然の効果がデカイらしい。さらに、一度自然の中で勉強すれば、そのやる気は教室に戻っても持続するんだとか。

 

  • 健康にもいい

言わずもがな、自然の中で勉強するとなると、教室にいる時よりも動く事になります。

年々子どもの体力が落ちてきていると言われてますが、自然の中で勉強してもらうと、心配機能の改善が見られるとのこと。

体力低下問題は文部科学省も懸念している事ですからね。

文部科学省:「1 子どもの体力の現状と将来への影響

座っていると健康にも悪いですし屋外授業を取り入れると良さげ。

 

  • 協調性もアップする

グループワークが重視されている昨今。どうやら自然の中で話し合うと差別が減って平等な関係を築くようになるらしい。

まとめ

いろいろ自然の効果について書いてきましたが、言いたい事はただ一つ。

  • 外で勉強しよう!

です。常に屋外授業にするのは難しいかもしれません。しかし、一度でも自然の中で勉強すれば効果が持続するそうなので、1日1回は取り入れていきたいところ。

もし学校で実行するのが難しければ、家庭学習は外でやってもらうように促しましょう。

とにかく自然の効果はデカイので、これを無視するのはもったいないですからね。

 

って事で、自然の中で勉強するといいことだらけ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Ming Kuo, Michael Barnes and Catherine Jordan(2019).Do Experiences With Nature Promote Learning? Converging Evidence of a Cause-and-Effect Relationship

School photo created by freepik – www.freepik.com


32234-min-1280x910.jpg

2019年3月14日

少し前に、「人生で成功するのに必要な能力はこの2つや!」てのを紹介しました。

 

その1つが「集中力の高さ」だったんですな。なので、集中力を高め、日々の勉強なり仕事なりで発揮する事が出来れば、成功しやすくなるのではないか、と思いまして。

で、集中力に関して以外と見過ごされがちなのが「水分補給」です。

今回は、集中力を高くするための「水分補給方法」について考えてみたいと思います。

集中力が低下する水分量

なぜ集中力の話で「水分補給」を持ち出したかといいますと、一番手軽かつ高い集中力をキープするのにもっとも重要な要素だからです。

ご存知の通り、人間は約7割が「水」でできております。この割合を下回ってくるとなんらかの異常が出てくるんですな。

その1つが「集中力の低下」。

例えば、カリフォルニア大学の研究では、9歳から12歳の子ども52人を2つのグループに分けて水と集中力の関係を調べてくれております。

  • 朝食に200mlの水分を飲んでもらったグループ
  • 朝食に水分を補給しなかったグループ

結果は、朝食で水分を補給したグループの圧勝。

さらに、水分補給をしなかった子達に後日朝食で水分を摂ってもらったところ、集中力の向上が確認されたんだとか。

同様の実験をイースト・ロンドン大学でも行なっておりまして、

  • 試験前に水分補給をするとテストのスコアが上がる!

といった結果に。この研究でも、「水分補給は集中力をアップさせる効果がある」と結論づけられており、もはや疑う余地はなさそうな感じ。

いやいや、水を飲んでも関係ないよ!説

他にも水分補給については肯定的な意見が多く、間違いないと思われますが、一方で、否定的な結果が出てたりもします。

2014年の研究で、大学生91人を対象に、

  • 授業中に好きなだけ水分補給のできるグループ
  • 授業中に水分補給ができないグループ

に分け、集中力テストを行ったところ、統計的に有意な差はなし!だったそうな。

ただ、この研究では「授業中に水を飲んだ時のみの影響」しか調べていないため、こんな結果になったのだろうと思われます。

研究者もこのようにおっしゃっておりまして、

先行研究では、水分補給が集中力と他の認知機能にプラスの効果がある事が確認されている。しかし、我々の実験では統計的に有意な差は見られなかった。

(中略)

これは、水分補給と集中力テストの期間が短い事で説明できる。

水を飲むと集中力が上がるのは間違いないものの、即効性はないんだ、と。

まぁ、飲んだ瞬間から覚醒してたらヤバイモノと変わりありませんからね。

定期的に水分補給をして、体内の水分量を一定に保っておくのがベストなんでしょうなー。

どれくらい水を飲めばいいのか?

最初に紹介したカリフォルニア大学の論文では、「2時間で750mlは飲もう!」って事が言われてました。

他の研究も見てみたところ、2017年の研究だと、

  • 300ml飲んだ20分後には集中力が23%アップ
  • 25mlでも12%の集中力アップが確認された!

とか。水には即効性はないものの、だいたい20分もすれば集中力の向上効果が見られるそう。

25mlって軽量スプーンの大さじ二杯くらいですけど、それだけでもいいんですね(笑)

300mlだとコップ1.5杯くらいなんで、そこまで苦ではないっすね。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①集中力を高い状態にキープしておくには、こまめにな水分補給が欠かせない。

 

②水を飲んですぐに集中力は変わらない。

 

③勉強の20分前にコップ200ml〜300ml(コップ1〜1.5杯分)飲むと集中力が高い状態で臨むことができるぞ!

[/box03]

 

というわけで、「水分補給の大切さ」について書いてみました。

以外と見過ごされがちなポイントですので、勉強の休憩時間や学校の休み時間には必ず水分補給をする事をオススメします。

 

って事で、水分補給は集中力を発揮するのには欠かせないんやで!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

・Clinton S.PerryIII,Gertrude Rapinett,Nicole S.Glaser,Simon Ghetti(2015).Hydration status moderates the effects of drinking water on children’s cognitive performance

・Caroline J.Edmonds and BenJeffes(2009).Does having a drink help you think? 6–7-Year-old children show improvements in cognitive performance from baseline to test after having a drink of water

・Irena Miljkovic Krecar, Maja Kolega, Silvana Fratric Kunac(2014).The Effects of Drinking Water on Attention

・Edmonds CJ, Crosbie L, Fatima F, Hussain M, Jacob N(2017).Dose-response effects of water supplementation on cognitive performance and mood in children and adults

Water photo created by rawpixel.com – www.freepik.com


6561-min-1280x853.jpg

2019年2月22日

マルチタスクについていくつか書いてきたわけです。

 

上記の記事を見てもらうのが早いんですけど、マルチタスクについては結構ネガティブな事を書いております。

そうなれば当然「子どもにも良くないのでは?」と考えられるわけで…

マルチタスクは成績にどんな影響を及ぼすのか?

参考にしたいのが2016年の研究でございます。

この研究は「マルチタスクが悪いのはわかったけど、子どもにはどんな影響があるの?」という問題意識からスタートしております。

というのも、実はマルチタスクの影響を子どもに絞って研究したものって少ないんですよね。

研究では、14歳の学生73人を対象に、日々の活動内容と英語と数学の成績を調べたそうな。

で、結果はおおかた予想通りで、

  • マルチタスクに費やす時間が長かった子ほど成績が低くなる!

 

ってな傾向にあったそう。特に子どものマルチタスクで多かったのが、「ながらメディア」だったらしくて、

  • スマホをいじりながら〜
  • テレビを見ながら〜

ってのが多く、活動の4分の1をマルチタスクに費やしていたんだと。

私も食事しながらKindleで本読んだりしますからねぇ。人の事は言えませんが……

なぜマルチタスクをすると成績が下がるのか?

これは「マルチタスクをしがちな人の特徴」にも出てきた、衝動性が原因ではないか、と言われています。

  1. マルチタスクの経験が増える
  2. 同時に2つの事が当たり前になる
  3. 1つの事に集中できなくなる
  4. 勉強中もスマホを触っちゃう!

みたいな流れ。

もちろん、マルチタスクをすると衝動性が高まるのか、衝動性が高い子はマルチタスクをしがち、のどちらなのかは不明。

しかし、「マルチタスクをするとワーキングメモリが悪化する!」なんて研究もありますので、控えるに越した事はないかなーと思う次第です。

ちなみに、ワーキングメモリとは短時間で情報を処理する能力の事で、暗算をしたり、文章を頭の中で理解する能力のことです。

「難しい事を言われると頭が真っ白になる!」ってのはワーキングメモリが低いからなんですな。

まとめ

[box03 title=”教育に応用すると?”]

①年々子どもの「ながらメディア」の時間が増えている。

 

②このような時間が増えると、衝動性が高まり、1つの事に集中するのが困難になるかもしれない。

 

③衝動性についてはまだハッキリとした事が言えないものの、ワーキングメモリの悪化には繋がりそうなので、「ながらメディア」を控えさせた方がいいだろう。

[/box03]

 

「ながらメディアを控えよ!」って言いつつも、これは私の課題だったりもします……

テレビ見ながらアマゾンで買い物したり、論文のアブスト読んだりとかしがちなんでね。

うーん。気をつけていきたい。

 

って事で、マルチタスクをすると成績が下がっちゃうぞ!って話でしたー。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする

Cain, M.S., Leonard, J. A., Gabrieli, J. D. E., and Finn, A. S. (2016).Media multitasking in adolescence

People photo created by freepic.diller – www.freepik.com



当ブログの運営者:エイジ

年間3600本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote