タグ: Tips

11869-NNTIA9-min-e1551516894372-1280x953.jpg

2019年7月13日

先月からツイッターでも活動し始めましてね。ありがたい事に、フォロワーさんが増えつつあります。

同時に、いろんな質問を頂くようになりました。隙間時間に返したりしていたんですけど、中には「これ、昔ブログで書いた事あるのなぁ…」ってのもあったり。

そんな訳で、今回は寄せられた質問の答えになりそうな記事を紹介してみまーす。

暴力的なゲームってどうなの?

バイオレンスなゲームは教育的に相応しくないですか?

自分はFPS(銃を持って戦争するゲーム)が好きなので、よくない影響があるのか気になりました。

えっと、ないです。詳しくはこの2つの記事が参考になりそうでーす。

VRってどうなの?

VRは教育に活用できると思いますか?

研究ではポジティブな成果が沢山報告されてますね。VR授業とかで成績が上がったりします。あとはデバイスの性能とコストの問題かと。

詳しくはこちらでまとめてます↓

電子版の絵本ってどうよ?

iPadで絵本を読ませるのはどうでしょう?

読み聞かせをするなら紙の本がベターっすね。

いじめはどうすれば減る?

先日、いじめの原因は親にあるという記事を拝見しました。いくら親が気をつけてもいじめは起きてしまうと思います。何か対策などありましたら教えていただきたいです。

いじめは複雑なんですよねぇ…いくつもの要因が絡み合って起きる問題ですから。

当ブログ(効果のある教育のヒント)でも、いくつか書いたりしてますので、参考になれば幸いです。

金八先生の印象とか

自分が思うに、金八先生のような情熱のある教師が必要だと思います。

確かに魅力的ですよねー。でも実は、学力との関係は薄いんですよね(笑)

心の支えにはなっても、子どもの能力自体は伸びないといいますか…やっぱり、それなりの指導能力がないとね。

情熱+能力があれば最強の教師になれると思います。


1029-min-1280x640.jpg

2019年6月30日

毎月恒例のPVランキングです。過去の結果はこちらからどうぞ↓

今月からTwitterを本格的にはじめまして、運良くフォロワーさんを10倍以上にする事ができました。完全に運です。

その甲斐もあってか、PV数も訪問者数も跳ね上がり、感謝の気持ちしかありません。ありがとうございます。

って事で、今月のPVランキングとオススメランキングです。

よく見られた記事トップ5

5位:子どもの集中力を奪う「経験」とは?

ある経験が多いと、集中力が低下してしまうらしいんですよ。

集中力は学習の基礎なので、一度目を通していただければと思います。

4位:昼寝をすると子どもの成績が上がるし、問題行動も減るしでいい事だらけ。学校で昼寝の時間を設けない理由はない。

正直、一人に一台タブレットを配るよりも効果的だと思ってます。

みなさん昼寝しましょう。

3位:【決定版】大人になって勉強を成功させるために守るべき6つの原則

大人になると学校に通う事がなくなり、独学が増えます。

そんな全ての大人に捧げる勉強の原則を最新の研究から引っ張ってきました。

2位:学力が1年分上がる最強の習い事が判明した件(塾ではない)

ほとんどTwitterからのアクセスで、公開して4日程度で2位に食い込みました。

お子さんがいる方は是非ー。

1位:将来の高収入と関係していた5歳の頃の2つの特徴とは?

Twitterのフォロワーさんが56人から400人程度に伸びた日に公開した事もあり、一気に見られた模様。

ありがとうございます!!

個人的におススメな記事トップ5

5位:自然の中に行くだけで幸せになれる!では、週に何分自然の中で過ごすべき?

当ブログ(効果のある教育のヒント)では、自然を激推ししていまして。

あらゆる問題が解決するそうなんですよ。で、今回いい感じのガイドラインが出たので、参考にしてみたくださいませ。

4位:ゲームばかりやっていると太るのか?に結論が出た件

 

ゲームすると太るのか?太っている人がゲームを好むのか?って議論は昔からあり、いまいちハッキリしていませんでした。

そんな中、最近決着がついたそうで。

まぁ、この先覆るかもしれませんが、当分はこの研究データを参考にしていこうかなーと思ってます。

3位:やり抜く力GRIT(グリット)を伸ばしても学業成績は上がらないし、人生で成功もしない

ちょっと人気なグリッドのお話。

まぁ、完全に意味がないって訳ではありませんが、期待しすぎだよなぁ…と。

2位:YouTubeで見ると気分が改善してモチベーションの上がる動画とは?

この動画を見つつ、なんとか日々のタスクを乗り切っております。

YouTube系の研究はまとめていますので、是非↓

1位:グループワークをすると学習内容が頭に残らなくなる。ならばどうすべきか?

一応、今月は「グループワーク」をテーマに、いろいろ書いてました。

その中でも、特に押さえておいて欲しいのがこの記事。

やり方ミスると記憶に残らないので…お気をつけください。

[box01 title=”Twitterではブログに書かない役立つ知識を沢山つぶやいています”]https://twitter.com/edintblog[/box01][jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”200px” color=”#e5ad14″ url=”https://twitter.com/edintblog” target=”_self”]ちょっとだけのぞきに行く[/jin-button-flat]


1029-min-1280x640.jpg

2019年5月31日

5月のPVランキングをお伝えするエントリです。

過去のランキングはこちらからどうぞ↓

 

今月は1日3記事更新に挑戦し、トータルで91記事書いてみましたが、時間的にきついのでこれからは2記事の日と3記事の日を交互にしますね。

では、ランキングをご覧ください!

当ブログでよく見られた記事トップ5

5位:成績が上がって人生を成功に導く考え方「成長マインドセット」

 

「やればできる!」と思えば成績が上がるよ!って話をしています。

ただ、質の高い論文で否定されていまして、手放しにおススメできるものでもありませんが…

4位:【VR教育】バーチャル教師で勉強がはかどる

 

4位は2つあります。まずはVRのエントリ。

VR上の先生から教わると勉強が捗るらしいんですな。特に、教師のせいで勉強が嫌になったケースの子には効果的。

現時点では、バーチャル教師なるソフトはありませんが、発表されるのも時間の問題でしょうね。

4位:【2019年4月編】個人的におススメな本5冊

 

意外と見られててびっくりしました(笑)

完全な私の好みですけど、ニーズがあるなら定期的にオススメしていこうかな?

3位:毎日のストレスから解放されてポジティブになりたい?ならこの6つを試してみてはどうでしょう

 

ポジティブになるお手軽テクをご紹介しています。

寝る前にいくつか試して見てくだせぇ。

2位:成長マインドセットで成績は上がらないが、勉強への興味関心は高まる

 

成長マインドセットには即効性がないから気長に育んで行こうねーってお話をしています。

成長マインドセットを伸ばしておいて間違いはないものの、世間で言われているほど劇的な改善には至らないかも?!

1位:間違えてない?年齢によってアイデアの思いつき方が違いますよ!

 

落ちぶれたと言われたくない。そう思うなら一見の価値あり。

個人的にオススメトップ5

5位:好奇心を爆発させる指導・学習法

 

教師なら知っておくと役に立ちます。授業の導入にお困りの方は取り入れて見てください!

4位:「羨ましい…」そんな嫉妬心から自分を解放する方法。それは「心理的タイムスリップ」

 

どんな人でも他人に嫉妬していまうもの。これは普通です。

良くないのは、その嫉妬心に支配されて自分の手にしているものが見えなくなってしまう事。

他人に支配された人生にピリオドを打ちたい人だけご覧ください。

3位:世の中にある教育・育児アドバイスに従っても意味はない

 

遺伝や環境による影響の方が大きいので、アドバイスに従っても望ましい結果にはならないかもしれません。

なら、どうすればいいかって?このブログを読みましょう(笑)

2位:お金で幸せになる方法

「お金があれば幸せになれるんでしょ?」と思うかもしれませんが、実は使い方を間違えると一生幸せになれません。

裏を返せば、お金持ちでなくても正しい使い方をすれば幸せになれるって事です。

1位:何事にも動じない最強のメンタルを獲得するのに必要な2つの要素とは?

 

  • 本番中テンパって上手くいかない…
  • 不安でしょうがない

などなど。メンタルが強ければ人生で成功できると言っても過言ではないでしょう。

まぁ、このエントリを読んだからといってすぐさま劇的に改善するって訳ではありませんが、頭の片隅にでも置いておくだけで違ってくると思います。


knowledge-1052010_1920-1280x960.jpg

2019年5月31日

先月おススメの本を紹介してみたところ、結構反響がありましたので、今月も紹介してみようと思います。

先月のおススメ本はこちらから↓

観察力を磨く名画読解

名画を使って観察力を鍛える方法を紹介しています。この本で紹介されているテクニックは、警察関係の育成プログラムにも活用されているらしい。

実際にやってみたところ、観察力だけでなく、推論能力もかなり鍛えられそうな感じがしました。

観察力は教師だけではなくどんな分野で働く人にも役立つ能力なので、磨いておいて損はないかと。

私は週に何回か本書で紹介されていたトレーニングを実践して、憧れのシャーロック・ホームズを目指そうと思ってます(笑)

才能に頼らない文章術

以前、文章本を紹介したところ、「もう少しテクニック的な事が書いてある本はありませんか?」みたいな声を頂いたんですな。

そこで、コテコテの文章本を紹介しても面白くないなぁ…と思っていたところ、最近少し毛色の違う本を最近見つけました。

この本は、「編集者は文章をどのように直しているのか?」ってのをテーマにしている従来の文章本とは少し違う本になってます。

大抵の本は「物書きのプロ」視点から見た文章本なんですけど、これは「プロの文章を直すプロ」の技術が書いてあるんですよ。

もうこれだけでも読んでみたくなりますよね。

加えて、この本の著者さんは慶応大学大学院でシステムエンジニアリングを学び、その知識を使って文章の編集技術を体系化する事に成功したとの事。

つまり、誰にでも身につけられるようにした、って事ですね。

この本には、文章を編集する際のチェックリストが付属しているので、それだけでも買う価値があるでしょう。

ぎおんごぎたいごじしょ A DICTIONARY WITH ILLUSTR

「カチカチ」とか「すってんころりん」と言った擬音語だけを載せた辞書で、低学年の国語の授業で活かせそうです。

辞書マニアにはたまらない一冊となっていますよ。

私たちは子どもに何ができるのか 非認知能力を育み、格差に挑む

非認知能力を育むために教師や親は何をすべきか?」という問題を25の側面から考察した本です。

非認知能力の文献って質としては怪しいものが多い中、扱っている文献もまともで、非認知能力に関する本の中では質が高いです。

この本では幼児教育を想定して書かれてるんですけど、大人にも当てはまる事なので、読んで損はないかと思われます。

読書について

言わずと知れた名著。昔読んだ事があったんですが、最近電子書籍で再び買って読んでました。この本は読書テクではなく、読書自体に向きあう本で、

  • 読書とはどういう行為なのか?
  • 読書の最終目的とはなんなのか?

そう言った疑問のヒントが満載です。これは読書に限らず、情報収集全てに当てはまる事なので、一回は読んでおくと読書への姿勢大きく変わりますよ。

やはり、岩波文庫にハズレはないなぁ…

オマケ①:買って損した本

完全にジャケ買いして失敗した本…ただ、内容はまともで「確かにそうなだなぁ」と思う所は多いです。

何が失敗だったかと言いますと、「最新の学術研究から導いた…」と書いてあるくせにそこまで最新の研究を反映していなかった所。

論文ってよりは、いろんな本に書いてある事をまとめたって感じで、正直期待はずれでした…

しかも、所々研究ではなく、誰かの意見が根拠になっていて、それなら学術的研究とか科学とは言わないで欲しかった…

  • 研究データの紹介→偉人の言葉・成功者の言葉で締める

なら説得力が上がっていいんですけど、

  • 成功者の言葉(ドーン)

なので、「事例一をもとに言われてもなぁ…」ってなりましたね。

とは言え、これはエビデンスにこだわるめんどくさい奴の意見なので、まぁ、自己啓発本としてはまともな方だと思います。

オマケ②:別の意味で面白い本

ひたすら素数が書き連ねてある本で、用途は不明。本の末尾に「素数には著作権はありませんからご自由にお使いください。」と書いてあったのが個人的にはツボでした(笑)

プッチみたいな人には何よりも勇気を与えてくれる本となるでしょう。


11869-NNTIA9-min-e1551516894372-1280x953.jpg

2019年5月18日

寄せられた質問に答えるエントリです。

説明が下手で上手く伝わらない事が多々あります。何か説明の上手くなる方法はありませんか?

質問者さんが説明しているところを見ていないので、ピンポイントな指摘は出来ませんが、上手く伝わらない人の特徴に「抽象的な話をし過ぎている」ってのがよくありますね。

脳って抽象的な概念を理解するのが苦手なんですよ。勉強が難しく感じるのも話が抽象的だからであります。

この問題を解決するのは簡単で、「抽象的な話を具体的に言い換える」だけでグッと伝わりやすくなります。

抽象から具体の行き来する能力を高めるには、

  • 例えば、
  • 〜で言うところの、

という枕詞を使って説明する癖をつけるといいかと思われます。

疑似科学だと思う分野は?

  • 美容
  • 健康食品
  • 株のアナリスト

美容系は効果が証明されてなくてもバンバン売り出しますし、健康食品も追試で否定されるケースが多めなので(パッケージで効果を盛りすぎたせいでもある)。

株のアナリストに関しては、独自の統計的処理とか言って最もらしく見せてますけど、

という研究もあり、これまた擬似科学かなーと。そもそも、統計的処理で当たるならみんな大儲けしてますよねぇ…(アナリストが公表した影響で逆の結果になった可能性もある)

最近だと「天才」を褒め言葉の様に使っていて、なんだかありふれた存在に思えてしまいます。

科学的に「天才」とはどんな人の事を指す言葉なんですか?

基本的に「天才」は、

  • 10歳未満で成人レベルの能力を身につけている人

と定義される事が多いっすね。

スポーツだともうちょい年齢が変わってきますけど、音楽とか学問系の分野だと10歳が基準ですねー。

IQだと140以上と言われてますが、キャリアの成功にはそこまで関係ないって話もあるので、気にしなくていいかも。

なので、天才になろうとするのは避けた方がいいです…(笑)

子供の評価に関する本でいい本ありませんか?

これとかどうでしょう。この本は「成績評価をなくそう!」ってのをテーマに、子どもの為になる評価の活用法を述べている本です。

今のところ成績はつけなければならないため成績評価をゼロにするのは無理な話ですが、児童生徒の評価や授業に活かせそうなものがありますよ。


4257-min-1280x854.jpg

2019年5月13日

ブログを始めてから公的なデータを引用する事が増えましてね、文部科学省や総務省のホームページをよくチェックしております。

そしたら、

というページを見つけまして。どうやら学校で太陽光発電を導入しようとしているそうなんですな。

  • 意味あるの?
  • そもそもなぜ学校?

と気になってしまい、ここんところリサーチしてました。

学校にソーラーパネルを設置するとどうなる?

その中で一つ興味深い研究があったのでご紹介。

これは、スタンフォード大学で行われた研究で、「学校にソーラーパネルを設置するとどうなるの?」というのを調べたそうな。

そしたらこんな結果になったらしくて、

  • ソーラーパネルを可能な限り設置すれば、最大で学校で使う電気の75%をまかなえる!

かなりまかなえますねー。これを具体的な金額に換算すると、

  • 月に約17万の節約

だいたい学校の電気代は月に25万円くらいなので、これくらいですね。年だと210万円の節約になります。

最低でも59%はまかなえていたそうで、私立ならソーラーパネルを導入してみてもいいかもですね。

ちなみに国が導入費の95%以上を負担してくれるらしい(日本はお金があるなー)。

 

一様、ソーラーパネルの寿命は20〜30年とされていますから、上手くいけば大幅な電気代の節約になりましょう(メンテナンスが欠かせないけど)。

 

 

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]あなたならこの知識をどのように活用しますか?下記のコメント欄から、あなたが考えた応用法を是非とも教えて下さい![/chat]

 

この記事が少しでも役に立ったらボタンを押してフォローしていただけると励みになります。よろしくお願いいたします!!⇩⇩⇩

Twitterをフォローする
Technology photo created by jcomp – www.freepik.com


1029-min-1280x640.jpg

2019年5月4日

毎月恒例のランキング記事です!過去のランキングはこちらからどうぞ↓

 

4月は途中から1日3記事更新にしまして、トータルで86記事書きました。

20日には総記事が500記事に達し、個人的にはなかなか感慨深いものがありましたね。

そんな4月のランキングはどうなっていたのでしょうか?!

当ブログでよく見られた記事トップ5

5位:ゲーム時間の長い子は1.88倍も頭がいい

ゲームネタがトップ5位に食い込みました。ゲーム系の研究を紹介するとPVが多いんですよねー。皆さん興味あるのかな?

この結果を受け、ゲームに関する連載企画を始める事にしました↓

これからガシガシ書いていくんでよろしくです。

4位:英語の学習スピードが1.3倍になる勉強法

コピーが上手かったのかなーと考えております(笑)

もちろん、内容も面白くて為になりますから、「英語を勉強しなくちゃ!」って考えている方はのぞいてみてください!

3位:良い孤独と悪い孤独の違いとは?

予想外に読まれた記事でした。社会との繋がりが希薄になりつつありますから、孤独に敏感なのかしら?

自分って友達が少ないなぁと感じている方は見てみるといいかも。

2位:仕事の満足感とモチベーションを高める4つの質問

連載企画として始めた【最高の仕事の見つけ方】の一発目の記事が2位!

これは、社会人の方全てに見て頂きたいですねぇ。

  • 仕事に満足できない
  • 仕事がつまらない
  • 転職しようかな

そう考えている方はかなり参考になるかも。

1位:誰でも伸ばせる!問題解決能力が優れている人の特徴とは?

こいつがブッチギリで1位でしたー。これもコピーが上手かったからだと思ってます(笑)

確かに誰でも出来ますし、意外と見過ごされがちな事なので、1回は見ておくといいかも。

私もこれは心がけてますねー。

個人的におススメな記事トップ5

5位:自然の恩恵を最大限に受けられる時間が判明したよ!

当ブログでは自然を激推ししてまして、度々自然のメリットを書いているんですよ。

で、「じゃあ具体的にどのくらい自然の中で過ごせばいいの?」って問題に答えてみた記事です。

効率的に自然からの恩恵を受けたい!って方は是非ご覧ください!

4位:スマホを長時間使用しても幸福度は変わらない!

スマホって良くないよねーって言われがちですが、どうやらそうでもないみたいです。

スマホに関する質の高い書籍は今のところ出てませんから、最新の研究を参照していくしかないんですよね。

3位:やりがいと給料。どっちを追い求めるのが正しいのか?問題

これは誰しも悩む事でしょう。お金を取るか、やりたい事を取るか。

その答えは上のリンクから見て頂ければと思います。

2位:子ども用のサプリにはデメリットしかない!

どうやら子ども用のサプリが流行り始めているそうで。そんな流行に冷や水を浴びせた記事です(笑)

何か健康上の問題を抱えているならまだしも、普通の子がサプリを摂取してもいい事がありません。

一番ヤバいのが、背が伸びる系の商品なんですよ。詳細は上のリンクからどうぞ。

1位:【継続は力なり】物事を確実に続けるのに不可欠な3つの原則

記念すべき500個目の記事を1位にしました。

継続する方法を科学的に書いてまして、実際に私も使っております。

このテクニックで、毎日ブログを2〜3記事書ける様になりましたからねー。何か目標があって、長期的に取り組みたいって方には参加になるかと思われます。

 

では、5月もどんどん書いていきますんで、よろしくお願いしまーす。


knowledge-1052010_1920-1280x960.jpg

2019年5月3日

オススメの本を教えてください!って声を結構頂きますので、試しに4月に読んだ本の中で面白かった本をいくつか紹介してみようかと。

完全に個人的な好みですから、つまらなかったらごめんなさい!

キャンベル生物学

栄養やら筋肉やらの記事を書きはじめまして、最近生物学の知識が必要な論文をよく読む様になりました。

いよいよ限界がきたので生物学の勉強を始めようと思い、思い切って購入。

1444ページもあり、重くてしょうがないですが、生物学の決定版と言える本で満足。カラーで見てて楽しいです。

人が自分をだます理由 自己欺瞞の進化心理学

  • 人間は自分自身をだまして本当の欲望を隠しているんだ!

というのを進化心理学的に書いている本で、めちゃくちゃ面白かったです。

エントリを設けて紹介しようか迷うくらい個人的には示唆に富む本でした。

例えば「親切」の話では、

親切とは道徳的で良き行いの様に思えるが、人は後々助けてもらうために親切をしているだけで、親切とは利己的な欲望を良いように隠すために言い換えただけだ!

とか、世の中のシステムにズバズバ切り込んでいて、ヒヤヒヤしますが説得力のある文章なので楽しく読めました。

天才とは何か

「天才になりたいなー」と誰しも一回は考えた事があるでしょう。

じゃあ天才の実態ってどんなんなの?」ってのを大量の文献を元に書いている優れた本です。

ハーバード大学の天才研究の第一人者が天才の真実を暴いていて、「へぇ〜」の連続でした。

  • 天才はメンタルを病みやすいのか?→実は違う!
  • IQが高くても天才にはなれない!
  • 孤高の天才なんていない!

とかとか。天才に関するあらゆる誤解を解いてくれています。天才になりたいなーって方はチェックリストとして活用してみると良いかも?!

この本もいずれエントリを設けて書くつもり。

10倍速く書ける超スピード文章術

実は、ブログを毎日書いているのに文章本は1冊も読んでおりませんでした(笑)

コテコテのビジネス本で読むのを躊躇してたんですけど、ダイヤモンド社さんの本という事で購入。

「句読点」とか「てにをは」の説明ではなく、いかに速く文章を書き切るか?をテーマに、文章を書き始める前の準備から推敲までのテクニックが具体的に書かれていて非常に為になりました。

これで劇的に執筆スピードが上がる!って訳でもない気がしますが、この本で述べれている事を抜きにして執筆スピードが上がる事はないと思います。

メール・企画書・レポート・指導案まで、文章を少しでも速く書けるようになりたい!って方は読んでおいて損はないです。

哲学用語図鑑

哲学本ってとっつきにくく、毎回読むのに難儀しておりました。

そこで、打開策として買ってみたらめちゃくちゃよくてビビった本です。

誰が何を唱えたのかをわかりやすい説明と図解で教えてくれるため、スルスルと哲学のエッセンスが頭に入ってきます。

本気の哲学者からしたら省きすぎなのでは?との声もあると思いますが、入門書としてはピカイチなのではないかと。

教養程度に知っておきたいなーくらいなら役に立ちまくりです。中・高の社会科教員さんはこの本を参考にするといいかも。


11869-NNTIA9-min-e1551516894372-1280x953.jpg

2019年4月20日

寄せられた質問にまとめて答えていくエントリでござます。

「これって効果ありますか?」とか、「〇〇について教えてください!」みたいな質問は1つのエントリを設けてお答えしているんですけど、パーソナルな質問となるとボリュームが少なくなりがちなので、このようなスタイルをとってます。返事が遅くなってすみません!

まずは、色彩心理学の質問から。

色彩心理学の記事少なくない?

色彩心理学について書いてませんよね?

何か理由でもあるのでしょうか?

あー。ブログをはじめて2、3記事目くらいに1つ書いたくらいですもんね。

 

色彩心理学にあまり触れない理由は一様あります。

個人的にも、色で心理状態をコントロールしたり、性格がわかるってのは面白いと思いますが、色彩心理学の研究って追試で再現できない事が多いんですよ。

色彩心理学についてはいろんな研究がありまして、どれも興味深い結果を残していますが、再度実験してみると結果が全然違う!って事が最近特に多くて…

なので、ちょっと距離を取っている感じです。メタ分析でも出ればいいんですけどね。

おススメの本教えて

おススメの本が知りたいです!

実はこれが答えるのに一番苦労する質問だったりします(笑)というのも、本は、

  • 解決したい問題
  • 知りたい事

が決まっていないと価値が落ちちゃうんですな。なので、

  • 〜系で面白い本を知りたいです
  • 〜って悩みがあって、参考になりそうな本はありますか?

 

って言われればお勧めしやすいので、できればこんな感じでメールを送って頂けるとありがたいです!

もし、完全な私好みの本でよければ、1つのエントリを設けますが…とりあえず私の中でトップ5に入る名著を一冊紹介しておきますね。

不確実な世界でどう生きていくか?という問題に切り込んでいる本でして、めちゃくちゃ為になります。どんな分野でも役に立つ考え方ですので、よろしければ一読してみてください。

論文はどうやって探しているの?

いつも興味深い記事ありがとうございます。とても参考にさせて頂いています。

質問なのですが、どのようにして教育に関する論文を探してきているのでしょうか??

オススメなサイト(英語でも大丈夫です)などもありましたら是非教えていただけると嬉しいです!

いつもブログ楽しみにしています。ありがとうございます。

これからも応援しています。

ありがとうございます!!こんなに嬉しい言葉を頂いたのに返事が遅くなって本当にすみません…

ただ、リサーチに関しては特別な事はしておりません。大学に通った人ならゼミなどで先生から教えてもらうやり方とほぼ同じかと。

一様紹介してみますと、具体的には4つのアプローチで調べてます。

  1. Google scalarで検索
  2. 大学のホームページを定期的に見る
  3. ジャーナルの購読
  4. 本や論文の参考文献を数珠つなぎのように見ていく

肩透かしかもしれませんが、リサーチの実態は地味です(笑)1つ1つ軽く解説していくと、

Google scalar

Google scalarは文献の検索エンジンでして、インターネットで調べる感覚でキーワードを入力していけば関連論文が沢山出てきます。

ただし、論文なので専門用語でないと思うような研究が見つからなかったりします。なので、その分野の入門書を軽く読んでおくのがよろしいかと。

例えば、集中力について調べたければ、Concentration ではなく Attention だったりとか。

大学のホームページ

大学のホームページには、ニュースってページがありまして、ここにその大学の新しい研究発表のお知らせが更新されます。

全てではありませんが、大学のホームページに載る研究は面白いものが多い(自信があるから載せている)ので、いろんな大学のホームページを見てまわってますね。

論文を読んでいくと、この大学は幼児教育の研究に力を入れいるなーとか掴めてきますので、その都度大学のホームページをブックマークして隙間時間にチェックするのも一つの手です。

ジャーナルの購読

基本、論文はジャーナル(1つの本)として発表されるので、それらを購読して読んでます。

どっから買うのか?って話ですが、Google scalarでヒットした論文が掲載されているサイトから買ってください。

あとは図書館に置いてありますよ!

参考文献をチェック

論文には最後に参考文献が載っておりますので、それはチェックしてますね。

同様に、ちゃんとした本にも巻末に参考文献が掲載されてますから、これをGoogleで入力すれば出てきます。

当ブログの最後にも参考文献は記載してますので、コピペして頂ければと。

 

ざっと解説しましたけど、いかがでしたか?ここら辺をもう少し詳しくって所があれば、またメールをください!


1029-min-1280x640.jpg

2019年4月5日

今年から月一で書いた記事をまとめておりましてね。

 

今回は3月のまとめをしていきたいと思います。3月は62個書きまして、PV数と質問数が過去一となりました。本当にありがとうございます!

そんな事も相まってか、3月はブログのモチベーションが高く、ガッツリ調べて書いたものが多かった気がします。

では、まずはよく見られた記事トップ5からー。

当ブログでよく見られた記事トップ5

5位:30年後の年収を左右する6歳から伸ばすべき2つの能力とは?

これが第5位でしたー。当ブログもこの研究を受けて、2つの能力を伸ばす方法をいろいろ書き始めましたからね。

とりあえず見ておいて損はないかと。

4位:我慢が楽になる!目先の誘惑に強い人がとっているシンプルな戦略

ダイエット、節約というあらゆる我慢に使えそうなテクニックでした。

とりあえずコレだけやっておけば何とかなる。いや、むしろコレ以外はやらなくていいかも。

3位:【結論】暴力的なゲームをすると攻撃性は増すのか?

おそらく、3月で書いた記事の中で一番力を入れたやつです。

なので、ランクインは素直に嬉しいですねー(笑)

扱っているデータも質としては申し分ないので、一見の価値あり!

2位:本番で最高のパフォーマンスを発揮する「ルーティン効果」

ルーティンの効果や、ルーティンって何で効くの?ってところまで網羅的に書いております。

友人との会話がきっかけでこの記事を書くことになったので、やはり友達との会話の中にアイデアのヒントがあるんだろうなーとしみじみと感じました。

これからは、メモ片手に傾聴しようかしら。

1位:音楽を聴くと創造性が27%も低下するという衝撃の事実

これは結構面白い研究ですよ。作業用BGMを今すぐ辞めたくなるでしょう(笑)

あと、音楽系の研究がよく読まれるんですけど、何でですかね?身近だから?

個人的におススメな記事トップ5

5位:集中力を最大化する水分補給のすすめ

水分補給の大切さを説いている記事です(笑)

手軽かつ、高い集中力を発揮するには欠かせない要素ですから、5位に置くことにしました。

どれだけ飲めばいいのかとか、どれくらい集中力がアップするのかも具体的に書いてます。

4位:教員免許は教師の質を担保しているのか?

本当に教員免許って必要なの?ってのを調べて書いてみました。

扱っている研究はメタ分析で、質としてはピカイチ。現時点での結論と言えましょう。

果たして免許は必要なのか、それとも必要ではないのか、気になる方は上のリンクから確かめてみて下さい。

3位:「良いアイデアをひらめきたい!」そんなあなたに送るベストな戦略

創造性を発揮し、質の高いアイデアが浮かびやすくなる方法をご紹介した記事です。

3月の下旬に公開したため、PVランキングには入りませんでしたが、伸び率としては良い感じ。

社会に出るとアイデア勝負なところがありますから、是非活用してみて下さい。

2位:文法指導は無意味!123の研究から判明した「本当に効果のある文章指導法」

研究の質も高く、教師(特に国語科の教員・小学校の教員)には是非読んでいただきたい記事です。

通説に反した事実が判明したりしてて、多くの文章本にダメージが……

上手い文章を書けるようになりたいなーって方も参考になりますので、ご興味があればどうぞ。

1位:オーディオブックシリーズ

1位はオーディオブックについて書いた記事全てです(笑)

オーディオブックの始め方から、効果までガッツリ書いておりまして、なかなか参考になるかと思われます(ここまで書いてある本や記事は日本にないのでは?!)。

オーディオブックを上手く使って、忙しい中でも効率的に勉強してみてください。



当ブログの運営者:エイジ

年間3600本以上の学術論文を読破する20代男性の教育関係者。エビデンスのある教育を広めるために、ブログ・ Twitterなどで最新の教育情報を発信しています。 Twitterをフォローして頂けると幸いです。下のアイコンからTwitterのページに飛べます。


Twitternote